このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

物欲AVコモノ道 第77回

「Galaxy Tab」のAV機能をチェック!

2010年12月08日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルといった携帯電話キャリアーが一斉に新製品を発表したことで、改めてスマートフォンが盛り上がってきた。その中で注目したい動きのひとつとして挙げられるのが、大画面のディスプレーを搭載したスレート型端末の登場だ。

 そのスレート型端末として、NTTドコモからリリースされたのが「Galaxy Tab」(ドコモオンラインショップでの現金/割賦販売価格は5万358円)である。製品名から分かるとおり、先月ドコモから発売された「Galaxy S」と同じサムスン製で、その特徴は7型と大きなディスプレーを搭載していること。

 大画面ということでウェブサイトやドキュメントを閲覧する際に見通しがいいことに加え、映像などを視聴する際も大きなアドバンテージになるだろう。

 もちろんAV系の機能も充実しているということで、本稿ではカメラ機能や映像/音楽系コンテンツの再生といった部分を中心にチェックしていきたい。

ディスプレー部にGorilla Glassを採用

「Galaxy Tab」(左)と「Galaxy S」(右)。これだけ画面サイズが違う

「Galaxy Tab」(左)と「Galaxy S」(右)。これだけ画面サイズが違う

 まず注目したいのは、やはり大型ディスプレーだ。前述のとおり画面サイズは7型で、解像度は600×1024ドット。さらにこのディスプレーには、耐久性が高く傷が付きにくい「Gorilla Glass」が採用されているのもポイントだろう。

 発色はしっかりしていて、シャドーやハイライト域における階調再現性も高い。視野角も広く、上下左右ともに真横に近い位置から見ても色の変化はほとんど感じられない。ただ、映り込みはかなりあるので、気になるようなら保護フィルムなどを利用したい。

前面右上と背面左上にカメラを内蔵する

 本体背面には約320万画素のアウトカメラ、内側には約130万画素のインカメラが搭載されている。動画の最大記録サイズは720×480ドットでファイル形式はMP4、静止画は2048×1536ドットでの記録が可能だ。

 500万画素のCCDを搭載し、2560×1920ドットの静止画が記録できたGalaxy Sと比べるとスペックは抑えられているが、一般的な撮影では大きな差にはならないはずだ。

本体側面。MicroSDカードとSIMカードのスロットがある

本体側面。MicroSDカードとSIMカードのスロットのほか、電源スイッチなどを搭載

 さらに本体上部にはイヤフォン端子があるほか、側面には電源ボタンとボリューム、そしてMicroSDカードとSIMカードのスロットが用意されている。電源のオン/オフは電源ボタンの長押しで、短く押せばスリープとその復帰になるのはGalaxy Sと同様だ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中