このページの本文へ

次世代のLEDテレビ! 日立「Wooo」新機種登場

2010年09月09日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Wooo」の新モデル「ZP05」シリーズ 「Wooo」の新モデル「ZP05」シリーズ

 日立製作所から、液晶テレビ「Wooo」の新モデル「ZP05」シリーズが登場する。42V型(予想実売価格28万円前後)と37V型(同24万円前後)の2ラインナップとなる。発売時期は、42V型が10月下旬、37V型が10月中旬の予定。

「スリムブロック型」バックライトのイメージ。各ブロック下方にLEDがあり、これを導光板で反射する 「スリムブロック型」バックライトのイメージ。各ブロック下方にLEDがあり、これを導光板で反射する

 最大の特徴は「スリムブロック型」と呼ばれるバックライト構造。画面を均等なサイズの枠(ブロック)で区切り、その中にLEDを垂直方向に配置。ブロック内には液晶パネル方向に光を反射する導光板があり、LEDの光を反射させて画面を表示する。

エッジ型(左)、直下型(中央)LEDバックライトと、新しいスリムブロック型(右)バックライトの違い

 このブロックごとのLEDを制御することでエリアコントロールを可能としているが、直下型のように直接LEDの光を液晶パネルに当てるわけではないので隣接するエリアへの光漏れが極力抑えられるという。同時に、直下型よりもLEDの数は少なくて済むため、録画機能内蔵テレビとしては業界トップクラスという省電力も実現している。

もちろんエリアコントロールも可能 もちろんエリアコントロールも可能

 加えて、倍速駆動の液晶パネルとバックライトを段階的に部分ごとにオン/オフする「バックライトスキャンニング」により残像感を低減。これらにより高コントラストでシャープな映像を視聴できるという。

 映像エンジンは従来と同様に「ピクセルマネージャー」を搭載。超解像処理によって精細感を向上させる。さらに画質自動調整機能の「インテリジェント・オート高画質2」により、視聴環境やコンテンツに合わせて最適な画質に自動調整してくれる。

録画の設定。HDDが500GBになったことで録画可能時間がアップ

 新機種は新たに500GBのHDDを内蔵。最大8倍の長時間モードで約400時間のハイビジョン録画が行なえる。また、iVDR-Sのスロットを搭載し、HDDに録画した番組のダビングも行なえる。チューナーは地上デジタル×3、BS/CSデジタル×2を内蔵し、2番組同時録画も可能となっている(2番組録画しながらの別番組視聴は地デジのみ)。

「Wooonet」のトップページ 「Wooonet」のトップページ。従来はカレンダーだった画面中央にインフォメーションが表示される

 ネット機能では、Wooo専用ポータルサイトの「Wooonet」のトップページがリニューアルする。レイアウトが大幅に変更され、最初に選択したネットコンテンツのインフォメーションが表示されるようになっている。例えば「Yahoo! JAPAN」では急上昇検索ワード、「アクトビラ」や「TSUTAYA TV」では最新のコンテンツ情報が、最初に大きく表示されるようになった。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン