このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ダブル長時間録画+裏番組視聴までできる!

これぞ録れるテレビ! 日立「Wooo XP07」を早速チェック

2011年03月16日 12時59分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
手前が50V型プラズマパネル搭載の「P50-XP07」。奥には37V型の液晶パネル搭載の「L37-XP07」などが並ぶ

手前が50V型プラズマパネル搭載の「P50-XP07」。奥には37V型の液晶パネル搭載の「L37-XP07」などが並ぶ

 日立製作所から、大画面テレビ「Wooo」の上位モデル「XP07」シリーズが発表された。プラズマパネル搭載の「P50-XP07」(予想実売価格29万円前後)、「P46-XP07」(同24万円前後)、「P42-XP07」(同19万円前後)と、IPS液晶パネル搭載の「L42-XP07」(同19万円前後)、「L37-XP07」(同17万円前後)、「L32-XP07」(同15万円前後)という、全6機種のラインナップとなる。

 全モデルが地デジチューナーを3基(BS/110度CSチューナーは2基)搭載し、2番組同時に録画しながら地デジ放送の視聴ができる。さらに、AVCに変換するトランスコーダーを2基搭載することで、2番組とも最長8倍相当のダブル長時間録画ができるようになった。ダブル長時間録画は、Blu-ray Discレコーダーでは多くの機種が採用しているが、録画テレビでの採用は初めてだ。

 今回はXP07シリーズを少しだけ触る機会を得たので、その概要を紹介する。

録画機能をさらに強化! 番組探しがさらに手軽に

側面部の写真。地デジ3チューナーだが、B-CASカードは赤カード1枚のみとなっている

側面部の写真。地デジ3チューナーだが、B-CASカードは赤カード1枚のみとなっている

録画テレビでは初のダブル長時間録画に対応。写真は2番組をTSX8モードで録画している様子

録画テレビでは初のダブル長時間録画に対応。写真は2番組をTSX8モードで録画している様子

 同社は、ユーザーアンケートなどの結果を分析し、要望が多かった録画機能を大幅に強化した。地デジ3チューナーとダブル8倍長時間録画機能に加え、新しい番組検索機能を搭載。これが3つの「さがす」機能だ。

ユーザーの録画・視聴番組を分析し、自動で嗜好に合った番組をおすすめする「Woooおすすめ」。おすすめ度を三つ星で表示するなどわかりやすい内容だ

ユーザーの録画・視聴番組を分析し、自動で嗜好に合った番組をおすすめする「Woooおすすめ」。おすすめ度を三つ星で表示するなどわかりやすい内容だ

「Woooおすすめ」の設定では、検索対象となる放送の選択のほか、自動でピックアップされた録画頻度の高い出演者などで検索番組の絞り込みが可能

Woooおすすめの設定では、検索対象となる放送の選択のほか、自動でピックアップされた録画頻度の高い出演者などで検索番組の絞り込みが可能

 ひとつ目は、ユーザーが録画した番組の履歴から、ユーザーの好きな番組をリストアップして紹介する「Woooおすすめ番組」。その日の面白そうな番組を探すのにも便利だし、日付やジャンルで絞り込むこともできるので、「週末になにか面白い映画はやっていないかな?」というような番組探しが手軽にできる。

「放送局の注目番組」は、各放送局がおすすめする約1ヵ月分のおすすめ番組をジャンル別などで一覧できる。Gガイドが提供する番組表と同様のものだ

「放送局の注目番組」は、各放送局がおすすめする約1ヵ月分のおすすめ番組をジャンル別などで一覧できる。Gガイドが提供する番組表と同様のものだ

 続いて、「放送局の注目番組」は、各局がおすすめする番組を約1ヵ月分まとめて紹介するもの。番組改編期などにありがちな事例だが、数週間先の特番がすでに告知されることや、映画番組は翌週以降の放送予定がすでに決まっていることも多い。気になる番組を先取り予約できるというわけだ。

「詳しく探す」では、キーワードや新番組、映画やドラマなどのジャンル/サブジャンルの設定が可能。録りたい番組を詳細に検索できる

「詳しく探す」では、キーワードや新番組、映画やドラマなどのジャンル/サブジャンルの設定が可能。録りたい番組を詳細に検索できる

人名選択画面。人名はあらかじめタレントや俳優などの名前が多数登録されており、リモコンで手軽に選択できる

人名選択画面。人名はあらかじめタレントや俳優などの名前が多数登録されており、リモコンで手軽に選択できる

 「詳しく探す」(キーワード自動録画)は、いわゆる詳細検索だが、画面がわかりやすくデザインされており、また、出演者やキーワードなどもリスト化されているので、いちいちリモコンで文字入力をすることなく、リストから選択するだけで設定が行なえる。

設定した検索条件は、「お好み」として登録しておける。このお好み条件で自動録画が行なえる

設定した検索条件は、「お好み」として登録しておける。このお好み条件で自動録画が行なえる

 ここで設定した項目は、「お好み」として登録することができ、さらに自動録画を設定することも可能。好きなタレントなどを「出演者」に登録しておけば、電子番組表の情報から番組を自動で検索し、録画を行なってくれる。もちろん、録画モードも設定できるので、必要に応じて8倍録画などにしておけば、HDD容量も節約できる。

 こうした機能は、BDレコではすでにおなじみのものだが、(他社の機種も含めて)録画テレビでここま完成度の高い機能を盛り込んだ例は、HDD+BD内蔵の「全部入り」モデル、すなわちBDレコーダー内蔵モデルくらいしかない。こうした簡単に使える検索機能こそ、誰でも手軽に使える録画テレビに欲しい機能だと感じる。

 従来の電子番組表による番組検索だけでは、すべての番組をチェックするのが面倒で、結局いつも見ている番組しか録らなくなりがちなところを、使いやすい検索機能を盛り込むことで、より多くの番組を録画できるようにしたわけだ。高機能化した録画機能をたっぷり使ってもらうための工夫である。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中