このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第115回

猫撮りにうってつけ! 85mmF1.8レンズの魅力

2009年08月21日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

室内でも威力を発揮

ISO 200で1/800秒。とことこと歩いてた猫が突然立ち止まってぼりぼりと耳の裏を掻きだした瞬間。動きがいい感じで止まってくれた。明るいレンズ万歳(2009年8月 ニコン D90)

ISO 200で1/800秒。とことこと歩いてた猫が突然立ち止まってぼりぼりと耳の裏を掻きだした瞬間。動きがいい感じで止まってくれた。明るいレンズ万歳(2009年8月 ニコン D90)

 単焦点レンズ(つまりズームじゃない)の不便さもあるが、明るいズームレンズは高くて重くてでかい。単焦点レンズだからこそ、小さくて軽くて安いと思えば機動力の勝ちである。

ISO 200で1/500秒。撮ってたら近づいてきた人なつこい猫。望遠レンズなので……近づかれると逆にお手上げ。鼻のあたまは怪我してるのかも。喧嘩でもしたか(2009年8月 ニコン D90)

ISO 200で1/500秒。撮ってたら近づいてきた人なつこい猫。望遠レンズなので……近づかれると逆にお手上げ。鼻のあたまは怪我してるのかも。喧嘩でもしたか(2009年8月 ニコン D90)

ISO 640で1/125秒。水飲み場に飛び上がって水を飲もうとしてた。カメラを構えたら目があった。F1.8なので顔以外がけっこうぼけてくれるので背景も邪魔にならない(2009年8月 ニコン D90)

ISO 640で1/125秒。水飲み場に飛び上がって水を飲もうとしてた。カメラを構えたら目があった。F1.8なので顔以外がけっこうぼけてくれるので背景も邪魔にならない(2009年8月 ニコン D90)

 もちろん、室内でも力を発揮する。ほどよい距離で撮れるので、猫の方もカメラを意識せずにすむのだ。

 冒頭の写真がそう。うちの猫である。彼らの目線の先には3匹目の猫がおります。折り合い……まだついてません。大変です。

 その3匹目の猫ときたら、先住猫とは折り合いが悪いくせに(すぐ喧嘩を売って追いかける)、人間にはべったり。身体の上にへちゃーとなってる始末である。

ISO 1000で1/125秒。腹の上でくつろいでる「にーに」。室内の決して明るくはない部屋でもぶれないシャッタースピードで撮れるのはうれしい(2009年8月 ニコン D90)

ISO 1000で1/125秒。腹の上でくつろいでる「にーに」。室内の決して明るくはない部屋でもぶれないシャッタースピードで撮れるのはうれしい(2009年8月 ニコン D90)

 そんなわけで、ボケの大きいきれいな猫写真を撮りたい、室内でもブレずに写真を撮りたいと思っている人には手頃な明るい単焦点レンズを一度お試しあれ。



筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメのレビューをしている。趣味はネコと自転車で、天気がいい日は自転車で都内を走り回りながら面白いものを見つけては撮影する日々。最近の単行本は『デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方』(MdN)、『デジカメ撮影の知恵』(宝島社新書)。密かにネコ動画ポッドキャストも更新中。



*次回は 8月28日掲載予定



■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン