このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

長~く使える極上のPCケース2009第4回

イケてるケース、ナイスなケースを紹介!

長~く使える極上のPCケース2009【アンテック編】

2009年05月25日 20時00分更新

文● 山田 広樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

“おとなしさ”と“激しさ”が同居するアンテック

 アンテックのケースはシンプルなデザインのものが多く、シンプルだからこそ長く使っても飽きがこないのが特徴だ。おとなしめの外見の反面、内部構造はアイデアたっぷり! 重量物である電源ユニットをケース下部に設置するほか、独自サイズの専用電源ユニットの開発など「性能を追求したら、ATX規格を逸脱するほかなかった」という一本気かつアグレッシブな姿勢がユーザーを惹きつける。“守らなければならないルール”である規格を逸脱してもユーザーから支持されるのは、それだけアンテックの品質や性能の高さが評価されていることの裏付けとも言える。今回はそのアンテック製PCケースのなかで、長く使えるオススメの製品を紹介しよう。

NINE HUNDRED TWO

●URL:http://www.antec.com/Believe_it/product.php?id=MTYwNA==
●実売価格:1万9800円前後

派手ではない。過激でもない。
だからこそ使いやすい!

 5インチベイのみ9基を搭載した冷却重視のゲーマー向けモデル。HDDは付属のマウンター(HDDケージ)を使って9基ある5インチベイに設置し、ケース上/中/下段と自由なレイアウトが可能だ。ビデオカード冷却の重視や、HDD搭載数の重視など、ユーザーが目的に合わせて自由にケースをカスタマイズできるのがいい。ケースは外装と同様に内部まで漆黒で塗装され、サイドパネルの窓から内部を覗いた時の統一感が美しい。また、搭載ファンはすべてブルーLEDが点灯する。

5インチベイのみを9基搭載した思い切った構成。前面のカバーパネルは6角ハニカムのメッシュパネルで、ケース前面全体を吸気口として利用できる。ただし、全面開放が可能なぶん静音性は一般的なケースと比べてもうひとつトラス構造状のデザインがユニーク。トラス構造は装飾であって、ケース剛性にはとくに貢献していないが、高剛性を感じさせるデザインはPCの高性能ぶりを見た目にアピール。トップファンはゲーマー向けケースとしては小径な20cmファンを採用している
オール5インチベイ、電源ユニットをケース下部に設置する以外はオーソドックスな構造。5/3.5インチベイともにデバイス固定にはネジを用いる。チャンバー構造を採用していないため、ケースのひねり剛性の高さはP180シリーズなどよりやや劣る。ただ、一般的なATX構造ケースより剛性は格段に高い

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中