このページの本文へ

Antec「P193」

Antec「P190」の後継モデル「P193」が明日から販売開始!

2009年04月03日 23時45分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AntecからハイエンドPCケース「P190」の後継モデル「P193」が登場し、明日4日(土)から店頭販売が開始される。

AntecのハイエンドPCケース「P190」の後継モデル「P193」

 同製品は「P190」と同様、ケース内を上下に隔離したデュアルチャンバー設計を採用したハイエンドPCケース。ハイエンドケースらしく、サイズが205(W)×590(D)×514(H)mmと巨大で、ATXマザーボードを始め、E-ATXマザーボードや大型のハイエンドビデオカードも余裕をもって搭載可能だ。また、標準では650W×1と550W×1の2基の電源を搭載していた「P190」とは異なり電源は非搭載となっている。ただし、先に発売された「P183」と同様、ATX規格以外にもATX規格とは異なるAntec独自のハイエンド電源ユニット「CP-850」にも対応するなど、電源を搭載しないことで選択の幅ができたと言えるだろう。
 主な仕様は、サイズが前述のように205(W)×590(D)×514(H)mm、重量が16kg。電源は非搭載。ドライブベイは5インチ×4、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×6。ケースファンはトップに140mm角ファンが2基、リアに120mm角ファンが1基、サイドに200mm角ファンが1基搭載される。また、フロントにはUSB/eSATA/マイク/ヘッドホンの各ポートが搭載される。予価はツクモケース王国にて2万5800円となっている。

ケース内を上下に隔離したデュアルチャンバー設計を採用。トップに140mm角ファンが2基、リアに120mm角ファンが1基搭載されている

サイドパネルには200mm角ファンを搭載。フィルターも装備されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中