このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2008レポート第5回

Antec、高級まな板「Skeleton」発表! 8月には発売

2008年06月04日 05時00分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Antecは3日、「COMPUTEX TAIPEI 2008」会場に隣接するホテルGrand Hyatt Taipeiにてプライベート発表会を行なった。会場にはもうすぐ発売開始の製品や、初期段階のサンプル品などが展示されており、今後のAntecの製品ラインナップを先取りする絶好の機会となっていた。

「Skeleton」と「Mini Skeleton」 スライド式
Antec製の高級まな板「Skeleton」(右)と「Mini Skeleton」(左)マザーボードもスライド式で簡単に引き出せる

 中でも自作ユーザー注目の製品は、通称「まな板」と呼ばれる簡易試験台である。まな板と一言で言っても、そこは定評のあるPCケースを送り出しているAntecのこと。通常のまな板とはまったく異なる高級感漂う製品を仕込んでいた。今回初お披露目となった写真の高級まな板は、ATXに対応した「Skeleton」とMini-ITXに対応する「Mini Skeleton」の2タイプ。その名の通りスケルトン形状が特徴で、従来製品と違い通常のPCケースとしても使えそうなスタイリッシュなデザインとなっている。

ドライブ スイッチ
5インチベイもスライド式で容易に引き出せるこのスイッチでトップに配置された大型ファンの回転数を3段階に調整可能。LEDも色が変化する

 「Skeleton」「Mini Skeleton」共通の仕様は、マザーボードや各パーツをスライドすることで簡単に外せるようになっている点や、3段階に回転数を調整可能なLED付き大型ファンをトップに搭載しているところ。主なスペックは、「Skeleton」が5インチベイ×2、3.5インチベイ×6で、フロント部にはUSB/eSATA/マイク/ヘッドホンの各ポートを搭載。一方の「Mini Skeleton」は、5インチベイ×1、2.5インチベイ×4で、フロント部にはUSB/マイク/ヘッドホンの各ポートが搭載される。
 気になるのは日本での発売だが、「Skeleton」は8月発売予定で価格は未定、「Mini Skeleton」に関しては年内の出荷を目指しているとのことだ。

「Skeleton」と「Mini Skeleton」の動画インプレッション

 発表会でお披露目となった製品はまな板だけではない。次ページではPCケースや電源を紹介しよう。

(その他の新製品へ続く)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中