このページの本文へ

貴方の家にも「薔薇乙女」がやってくる! アリスゲームの開始も間近?

2006年12月30日 14時01分更新

文● 師 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コミックバーズに連載しPEACH-PIT氏が描くコミック「Rozen Maiden」。2004年にはTVアニメ「ローゼンメイデン」、2005年には第二期シリーズにあたる「ローゼンメイデン トロイメント」、そして12月にはスペシャル番組として2夜にわたり「ローゼンメイデン オーベルテューレ」が放映になり、原作・アニメ共々多くのファンを抱える作品だ。

双子のキャラクターだけに、今回2体そろって発売は一緒に購入して離ればなれにならないようにしたくなる

 この「ローゼンメイデン」は、特別な力を持ったアンティークドール「ローゼンメイデン」の持ち主になったことで、主人公の桜田ジュンがアリスゲームに巻き込まれていくというストーリー。主人公が契約を結ぶローゼンメイデン「真紅」とジュンの関係を軸に、桜田家に集まってきた真紅以外のローゼンメイデンとの日常や戦いを描いている。なおアリスゲームとは、ローゼンメイデン達が自分達の命の源である「ローザミスティカ」を取り合う戦いのことで、契約を結んだ持ち主も大きく関わることになる。

 今回マイルストンが販売したのは、このローゼンメイデンの中でも、主人公の家に後からやってきて一緒に生活をすることになった「翠星石」とその姉妹である「蒼星石」の2体。原型製作を行ったのはNagiy氏、さらに衣装にはドールを多く扱うアゾンインターナショナルが協力し、YAMATOが製作した。マイルストンは過去に「真紅」のドールも発売しており、今回が第2弾となる。翠星石と蒼星石は双子の関係にあり、2体とも左右で瞳の色が違うという特徴があり、左右の配色は2体で逆さになっている。ただし装いは翠星石は緑のロングドレスでロングヘア、蒼星石は青いショートパンツの男装にショートカットと大きく異なっている。店頭での販売価格は、3500円程度。

 今回のドールも、もちろんこれらの特徴を忠実に再現。Nagiy氏の手のひらサイズの小さなドール「ぷちぱーティ」とのコラボレートなので、置き場所にも困らない高さ約12ccmのコンパクトサイズも魅力だ。またフィギュアとは違う、布製の衣服が楽しめるのもドールの良さ。ボディも可動タイプを利用しているので、飾っておくときにも自由なポーズを楽しめる。もともとがアンティークドールのキャラクターだけに、ドールというジャンルで登場することはそれだけでもリアリティを増す結果にもなっている。

こちらは、姉となる「翠星石」。名前の通りグリーンを基調とした衣装となっている。パッケージの状態からだと髪型はわかりにくい
妹の「蒼星石」。こちらも名前と貴重となる色調は一緒でブルーとなっている。顔のアップで両者を見極める場合は、瞳の色をチェックだ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ