Socket 754マザーが増設カードでSocket 939マザーに変身するASRock製マザーがまた登場!

文●北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 専用スロットにアップグレードカードを差すことによりSocket 939に早変わり、というASRock製Socket 754マザー「K8Upgrade-PCIE」が登場した。以前紹介した「K8Upgrade-760GX」と仕様はほぼ同じだが、今回はチップセットが“SiS756+SiS965L”に変更されており、PCI Express×16スロットを搭載する。フォームファクタはATX。

「K8Upgrade-PCIE」
ASRock製Socket 754マザー「K8Upgrade-PCIE」。アップグレードカードによりCPU/メモリの交換が可能な異色マザーだ

 マザー上にはPCI Express x16スロットとは別に、黄色のスロットが確認できる。これが同社が“Future CPU Port”と呼ぶ専用スロットで、ここにSocket 939とDDR DIMM×4を装備した別売の「939CPU Board」(実売価格3980円前後)を差し、ジャンパピンを設定することで、Socket 939マザーに早変わりするという仕組み。マザーボードの主なスペックは、拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3。DDR400に対応したメモリスロットを2本搭載(最大2GBまで)。オンボードインターフェイスは、10/100イーサネット、8chサウンド、Seial ATA×2(RAID 0/1/JBOD対応)というもの。また、PCI Express x1接続のSerial ATA IIカード「PCIE-SATA2」が付属する。価格はフェイスで7270円、TWOTOP秋葉原本店で7280円。

「939CPU Board」 “Future CPU Port”
別売の「939CPU Board」。専用スロットに差すことによりSocket 939に早変わりする。マニュアルによるとSocket 940タイプの「M2CPU Board」にも対応するとのこと PCI Express x16スロットの上にある黄色いスロットが“Future CPU Port”と呼ばれる、アップグレードカード専用スロットだ。
【関連記事】
【取材協力】

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月