専用スロットにCPU/メモリ増設カードを差してアップグレード!ASRock製仰天マザーがまた登場!

文●増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRockから、またまたユニークなマザーボードが2モデル登場した。なんと、CPU Socketとメモリスロットを搭載した同社独自のカードを増設することで、2種類のSocketに対応するというものだ。

K8Upgrade-760GX 939CPU Board
ASRockから、またまたユニークなマザーボードが。Socket 754+Socket 939(939CPU Board使用により)対応の「K8Upgrade-760GX」 939CPU Boardと呼ばれるカード。切りかけはAGPと良く似ている

 現在展示中の製品は、Socket A+Socket 754対応の「K7Upgrade-880」(フェイスで展示中)と、Socket 754+Socket 939対応の「K8Upgrade-760GX」(TWOTOP秋葉原店で展示中)の2モデル。どちらも、ベースとなるマザーボード上に用意された専用スロットに、CPU Socketとメモリスロットを搭載したカードを差し込むというものだ。
 同社からは、すでにLGA775とSocket 478両方のCPUに対応するという「P4 Combo」や、Socket 939/754両対応の「K8 Combo-Z」が発売されているが、今回の製品はいわゆるそれらのバリエーションモデルといえるだろう。

マザー本体 Future CPU Port
「K8Upgrade-760GX」のマザー本体を見る限りは、ごく普通のMicro ATXマザーボードに見える 拡張スロット部には、従来のAGPスロット(茶色)とは別に、AGPスロットによく似た黄色のスロットが確認できる。これが同社が“Future CPU Port”と呼ぶ専用スロットだ

 まずTWOTOP秋葉原店で展示中の「K8Upgrade-760GX」だが、マザー本体を見る限りは、ごく普通のMicro ATXマザーボード。ただしご覧のように拡張スロット部には、従来のAGPスロット(茶色)とは別に、AGPスロットによく似た黄色のスロットが確認できる。これが同社が“Future CPU Port”と呼ぶ専用スロットだ。ここにSocket 939とDDR DIMM×4を装備した“939CPU Board”と呼ばれるカードを差し、ジャンパピンを設定することで、Socket 939マザーに早変わりする。もちろん「K8 Combo-Z」と同様にCPUの同時使用はできない。。
 マザー自体の主な仕様は、チップセットに今回が初登場となる“SiS760GX+SiS964”を採用。拡張スロットの構成はAGP、Future CPU Port、PCI×2、AMR、DDR DIMM×2。オンボードインターフェイスにチップ統合のVGA機能や10/100イーサネット、6チャンネルサウンド、Seial ATA RAID×2というもの。入荷日や価格は決まっていないが、「販売時にはマザーと専用カードは別々の販売になるのでは」とのことだ。

ポップ K8 Combo-Z
実際に使用するとなるとかなりの不安があるのは確か。ただし、ユニークな製品であることには変わりはなく、コレクターズアイテム、もしくは人柱系の製品といえるだろう こちらはすでに販売中のSocket 939/754両対応の「K8 Combo-Z」今回の製品はいわゆるバリエーションモデルといえるだろう

 一方のフェイスで展示中の「K7Upgrade-880」。こちらも基本的なコンセプトは前述の「K8Upgrade-760GX」と同じだ。ATXフォームファクタのマザー上に“K8 Bridge Port1(オレンジ色) + K8 Bridge Port2(茶色)”という専用スロットを装備。ここに“ASRock 754Bridge”を装着すれば、Socket AマザーがSocket 754マザーに早変わりというものだ。ただし、“ASRock 754Bridge”にはSocket 754とDDR DIMM×2のほかチップセットの“K8T800”も搭載している。これは、ベースとなるマザーに採用されるチップセットがSocket Aのみ対応の“KT880”になるため。ちなみにサウスブリッジは“VT8237”で統一されている。また拡張スロットの構成も特殊なもので、マザー上には“K8 Bridge Port1(オレンジ色) + K8 Bridge Port2(茶色)”を挟み込むように2つのAGPスロットを装備している。同社のウェブサイトによると、AGP1はSocket A使用時に、AGP2はSocket 754使用時に、それぞれ使うようだ。価格はマザーと“ASRock 754Bridge”セットで、1万2000円程度になりそうとのこと。入荷時期は10月を予定している。
 今回紹介した2製品は、どちらも実際に使用するとなるとかなりの不安があるのは確か。ただし、ユニークな製品であることには変わりはなく、コレクターズアイテム、もしくは人柱系の製品といえるだろう。

K7Upgrade-880 ASRock 754Bridge
「K7Upgrade-880」はATXフォームファクタのマザー上に“K8 Bridge Port1(オレンジ色) + K8 Bridge Port2(茶色)”という専用スロットを装備 “ASRock 754Bridge”。Socket 754とDDR DIMM×2のほかチップセットの“K8T800”も搭載している
2つのAGP 添付の資料
“K8 Bridge Port1(オレンジ色) + K8 Bridge Port2(茶色)”を挟み込むように2つのAGPスロットを装備。Socket AとSocket 754で使い分けるようだ 添付の資料。価格はマザーと“ASRock 754Bridge”セットで、1万2000円程度になりそうとのこと
【関連記事】
【取材協力】

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月