このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

しんかい6500が6月15日に一般公開

深海ヤバイ! あの「しんかい6500」に接近するチャンス

2008年06月06日 00時27分更新

文● 丸子 かおり

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本の潜水調査船「しんかい6500」。現在、世界で一番深く潜ることができる有人の潜水船だ。「しんかい6500」の「6500」というのは、水深6500mまで潜れるという意味。実際、1989年の着水後の試験潜航で最大潜航深度6527mを達成し、以来、数々の調査潜航をクリア。その後、日本近海から太平洋、大西洋、インド洋などの海域を潜り、海底の地形や地質、深海の生物を調査してきたのだ。

しんかい
しんかい6500。これからも我々にロマンと真実を届けて欲しい

 そして2007年3月15日には、なんと通算潜航回数1000回を達成!

 そんな「しんかい6500」なのだが、潜航1000回達成を記念して、なんと「しんかい6500」とその支援母船である「よこすか」が青森県むつ市の大湊港にて6月15日に一般公開されるのだそうな。

次のページへ続く

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン