このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

バッテリーへの用途だけじゃございません!

新発見! リチウムで脳の神経が蘇る!?

2008年06月05日 01時36分更新

文● 丸子 かおり

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「リチウム」と聞くと何をイメージするだろうか? 多くの人はリチウム電池を想像するかもしれない。しかし意外なところでは、躁鬱病の薬にも使われている。有名なところでは、リーマスと呼ばれる気分安定薬の主成分が炭酸リチウムだ。電化製品だけでなく、医療の世界でも使われてきたリチウムだが、このたび生理学研究所で驚くべき研究データが発表された。

リチウム
臨床に用いられている「リーマス」。炭酸リチウムが主原料だ

 リチウムが、脳の神経幹細胞を増やして神経再生を活性化させることが、生理学研究所の等 誠司(ひとしせいじ)准教授のグループにより明らかになったのだ。よく俗説で「1日に脳細胞が10万個死んでいく」と言われるように、大人になると神経細胞の増殖や神経の働きが衰えていくだけに、この研究結果は驚きである。

 等准教授のグループは、リチウムをマウスに3週間投与してみたところ、神経になる途中の細胞である「神経前駆細胞」が増加したという。

リチウム
光っている部分が神経前駆細胞。リチウム投与後は増加している。(提供:生理学研究所)

次のページへ続く

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン