このページの本文へ

日本の宇宙開発最前線

「きぼう」船内実験室が取り付け完了!

いよいよ日本の"希望"が始まった!

2008年06月07日 23時26分更新

文● 丸子 かおり

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日、日本実験棟「きぼう」の船内実験室を積んだディスカバリー号がISS(国際宇宙ステーション)に到着したことをお伝えしたが、日本時間の5日に船内実験室の取り付けが完了した。

 取り付け後、船内実験室に入る前、実験室のコントロールなどを行なうふたつのシステムのうちの「B系システム」の起動が行なわれ、筑波宇宙センターのきぼう運用管制室と船内実験室内にあるきぼう制御装置との通信に成功。

星出さん
入室直後、「いらっしゃ~い」とお茶目なメッセージを書いた紙を見せた星出宇宙飛行士。まだ室内の空気のチェック前なのでゴーグルをつけている(提供:JAXA)

 続いて、星出宇宙飛行士ナイバーグ宇宙飛行士は船内実験室の空気を採取し、汚染がないかどうかチェックした。

 その後、船内実験室を制御するもうひとつの「A系システム」の起動も完了。これで、残すところは船外での実験用ユニットのみとなった。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン