このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

キャリア・ピックアップ 第45回

ケンウッドのオーディオを支える音の親方

音質マイスターの“耳”と“手腕”

2008年06月05日 08時00分更新

文● 稲垣章(大空出版)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オーディオ製品を開発する場合に重要になってくるのは、やはり“音作り”。ユーザに受け入れられるためには、音質や音の特長をどのようにするかで成否が決まるからだ。(株)ケンウッドでは、一時の不況後のオーディオ機器メーカー再建を責務とし、2003年から製品の音質を管理する役職「音質マイスター」を導入した。ASCII.jp読者ならカッコイイこの音質マイスターという職業に興味を持つ者も多いのではないだろうか。今回はケンウッドに3人いる音質マイスターの中で、ホームオーディオとカーオーディオの市販品を担当する萩原光男さんに、音質マイスターの仕事内容や後人の育成などについてお聞きした。

ケンウッド

萩原さんの使用する視聴室(クリックして拡大)

(次ページに続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ