このページの本文へ

MSI「X48 Platinum」

MSIお馴染みのグルグルヒートパイプ採用「X48」マザー!

2008年04月18日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSI初となるチップセットに「X48」を搭載するLGA775対応マザーボード「X48 Platinum」が今日から店頭に並んでいる。

「X48 Platinum」
MSI初のチップセットに「X48」を搭載するLGA775対応マザーボード「X48 Platinum」が今日から店頭に

 冷却機構「CIRCU-PIPE」を採用し、基板上に動時の状況を文字で表示する「LED Poster」、I/Oパネル部にCMOSクリアスイッチを実装するなど同社のハイエンドマザーではお馴染みの機能を搭載。
 PCI Express x16スロットを4本搭載するのも特徴で、内訳はブルーのPCI Express(2.0)対応が2本/x16形状のイエローのPCI Express x4が2本。また通常のものよりも長めのNative CrossFire用ブリッジコネクタが2本付属する。

「X48 Platinum」拡張スロット I/O部
PCI Express x16スロットを4本搭載するのも特徴で、内訳はブルーのPCI Express(2.0)対応が2本/x16形状のイエローのPCI Express x4が2本オンボードインターフェイスには、デュアルギガビットイーサネット(Intel/82566DC+Realtek/8111B)や8chサウンド(Realtek/ALC888)、IEEE1394(VIA/VT6308P)、Serial ATA II×6(RAID 0/1/5/10対応)、e-SATA×2、IDE×1などを搭載

 4本のDDR3 DIMMメモリスロットは、DDR3-1600(XMP)/1333/1066/800MHz対応で8GBまで搭載可能(DDR3-1600のXMP対応メモリ使用時は2枚差しのみサポート)。  South bridgeはICH9Rで、オンボードインターフェイスには、デュアルギガビットイーサネット(Intel/82566DC+Realtek/8111B)や8chサウンド(Realtek/ALC888)、IEEE1394(VIA/VT6308P)、Serial ATA II×6(RAID 0/1/5/10対応)、e-SATA×2、IDE×1などを搭載する。価格はアークで3万6970円(明日入荷予定)、T-ZONE.PC DIY SHOPで3万7980円のほかスリートップ2号店にも明日入荷予定となっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中