このページの本文へ

インテル「D5400XS」

「Skulltrail」対応のインテル純正マザーがデビュー!近日デモもあり!?

2008年03月21日 21時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週12日から販売の始ったCPU「Core 2 Extreme QX9775」にも対応するインテル純正のデュアルLGA 771対応マザーボード「D5400XS」の販売がT-ZONE.PC DIY SHOPで始まった。

「D5400XS」
インテル純正のデュアルLGA 771対応マザーボード「D5400XS」。「Core 2 Extreme QX9775」と組み合わせることで、「Skulltrail」こと「インテル デュアルソケット Extreme デスクトップ・プラットフォーム」が構成可能なハイエンドマザーボードだ

 「D5400XS」は「Core 2 Extreme QX9775」と組み合わせることで、「Skulltrail」こと「インテル デュアルソケット Extreme デスクトップ・プラットフォーム」が構成可能なハイエンドマザーボード。CPUに続き対応マザーが登場したことで、ついに「Skulltrail」環境の構築が可能となった。

拡張スロット 注目の拡張スロットはPCI Express x16×4、PCI×2という構成で、CrossFireはもちろん、別途PCI Express x16ブリッジチップ「nForce 100」を搭載することで、インテル製チップ搭載のマザーでは初めてNVIDIA SLIを公式にサポートする
South bridge South bridgeとPCI Express x16ブリッジチップ「nForce 100」を同時に冷却するヒートシンクFANはかなり大きい面積を占める
NVIDIA SLIとATI CrossFire NVIDIA SLIとATI CrossFireが利用可能な奇跡?のコラボ
I/O部
オンボードインターフェイスとして8chサウンドやギガビットイーサネット(Intel/82573L)、IEEE1394、Serial ATA II×6(RAID対応)、e-SATA×2、IDE×1などを搭載

 主なスペックはE-ATXフォームファクタにチップセットが「Intel 5400」+「Intel 6321ESB」。注目の拡張スロットはPCI Express x16×4、PCI×2という構成で、CrossFireはもちろん、別途PCI Express x16ブリッジチップ「nForce 100」を搭載することで、インテル製チップ搭載のマザーでは初めてNVIDIA SLIを公式にサポートする。
 その他、メモリスロットはDDR2 FB-DIMM×4(DDR2-800/667、16GBまで)。オンボードインターフェイスとして8chサウンドやギガビットイーサネット(Intel/82573L)、IEEE1394、Serial ATA II×6(RAID対応)、e-SATA×2、IDE×1などを搭載している。

電源/リセットボタン 付属品
インテル純正マザーとしては珍しく電源/リセットボタンが基板上に用意。付属品にもGhost Reconといったゲームなどが付いている

 T-ZONE.PC DIY SHOPでの価格は、7万3800円。CPU登場時にも触れたが、1個の価格が約18万円のCPUを2つに、7万円のマザーボード、メモリはDDR2 DIMMではなく高価なFB-DIMM(PC2-6400/5300)、NVIDIA SLI/CrossFireにしろハイエンドビデオカードを複数枚(最大で4枚だが)合わせて購入し、それに見合ったケースや電源まで用意するとなると、少なく見積もっても70万円はオーバーしそうだ。
 高嶺の花を通り越して、遥か雲の上の存在と言ってもよさそうだが、そんなウルトラハイエンドマシンのデモだけでも見ることができそう。同店では来週末をめどに、「Core 2 Extreme QX9775」×2+「D5400XS」+DDR2 FB-DIMM 2GB×4(DDR2-800)+SSD+Radeon HD 3870×2枚での動作デモを行なうという(構成はあくまで予定)。ある意味“自作PCの究極モデル”のひとつ、ともいえそうなマシンを一目見ておいてもよいだろう。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中