このページの本文へ

ASUSTeK「Rampage Formula」

DDR2仕様のX48採用ハイエンドマザーデビュー!

2008年05月17日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKのゲーマー向けブランド「R.O.G.」シリーズのハイエンドモデルにまたまた新製品だ。今度は「X48」を採用する「Rampage Formula」が発売となっている。

「Rampage Formula」 基板
「X48」を採用するASUSTeKのゲーマー向けブランド「R.O.G.」シリーズのハイエンドモデル「Rampage Formula」

 「X48」+「ICH9R」を搭載する同マザーは「X38」搭載マザーボードの最高峰モデル「Maximus Extreme」の後継モデル。「X48」採用のハイエンドモデルは「P5E3 Premium/WiFi-AP @n」が発売済みだが、こちらはDDR3メモリ対応モデル。今回の「Rampage Formula」は、まだまだ主流のDDR2メモリ対応モデルということで、注目度が高かった製品である。
 「R.O.G.」シリーズの特徴はそのまま健在で、8フェーズの電源回路や2フェーズのDDR2メモリスロット用の電源回路を搭載。導電性高分子アルミ固体電解コンデンサの採用、POSTコード表示液晶パネル「LCD POSTER」、基板上からON/OFFとリセットが可能な「OnboardSwitch」、バックパネル部分の「CMOSクリアボタン」、ブロックノイズを防ぐシールドを装備したという8chサウンドコーデックカード「SupremeFX II」、CPU電力管理専用チップ「EPU」の搭載、「3DMark06 Advanced Edition」と「S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl」がバンドルなどなど。もちろん豊富なオーバークロック設定も用意されている。

I/O部 仕様
「R.O.G.」シリーズの特徴はそのまま健在。同社オリジナル機能が満載となっている

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x1×3(うち黒色の1本は8chサウンドカード“SupremeFX II”専用)、PCI×2、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(オーバークロックとなるDDR2-1200を含むDDR2-1200/1066/800/667、最大8GBまで)という構成。またオンボードインターフェイスには、デュアルギガビットイーサネットやIEEE1394、Serial ATA II×6(RAID 0/1/5/10)、IDE×1などを搭載する。
 価格および販売ショップは以下の通り。同社のハイエンドマザーでは4万円からときに5万円台のモデルも珍しくない中、今回の製品は3万円中盤で登場。加えて、当分は最上位の位置にありそうな「X48」を採用したDDR2メモリ対応マザーとあってか、売れ行きは好調のようだ。

CPU周り ポップ
同社のハイエンドマザーでは4万円からときに5万円台のモデルも珍しくない中、今回の製品は3万円中盤で登場。加えて、当分は最上位の位置にありそうな「X48」を採用したDDR2メモリ対応マザーとあってか、売れ行きは好調のようだ
価格ショップ
「Rampage Formula」
¥35,800ドスパラ秋葉原本店
¥36,480スリートップ2号店
T-ZONE.PC DIY SHOP
¥36,780アーク
¥36,800BLESS秋葉原本店
ZOA秋葉原本店(完売)
¥36,970フェイスカスタム館
フェイスパーツ(完売)
¥36,980TWOTOP秋葉原本店(完売)
TSUKUMO eX.
ツクモパソコン本店II

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中