このページの本文へ

9800×2基搭載で地上最強のグラボ!?

NVIDIA、ウルトラハイエンドのグラフィックスカード「GeForce 9800 GX2」を発表

2008年03月18日 22時00分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米エヌビディア社(以下NVIDIA)は18日、デスクトップパソコン向けのグラフィックスカード「GeForce 9800 GX2」を発表した。1台のシステムに2基の「GeForce 9800」GPUを搭載することで、ウルトラハイエンドクラスの性能を実現している。

GeForce 9800 GX2
「GeForce 9800 GX2」のリファレンスカード

 GeForce 9800 GX2は従来のハイエンドに位置する「GeForce 8800 Ultra」(関連記事1)の後継となるグラフィックスカードである。製品の価格帯は、599~649ドル(約5万8103円~約6万2953円)程度を狙う。

 GeForce 9800 GX2は、GeForce 9800 GPUを搭載したカード2枚を1つのパッケージに収めたグラフィックスカードである。競合である米AMD社の「Radeon HD 3780 X2」(関連記事2)は、1枚のカード上に2つのGPUを搭載していたが、GeForce 9800 GX2は2枚のグラフィックスカードカードで冷却機構を挟み込むような構造になっていて、パッケージ内でSLI構成を実現している。DVI出力端子もカードごとにひとつの計2つ備わっていて、片側にはHDMI出力端子も装備する。

GeForce 9800 GX2の構造イメージ GeForce 9800 GX2の構造イメージ。2枚のグラフィックスカードで冷却機構をサンドイッチした構造となっている

 2008年2月に登場した「GeForce 9600 GT」(関連記事3)と同様に、コアアーキテクチャー自体は8x00世代(G80世代)と同様。DirectX 10とShader Model 4.0に対応し、DirectX 10.1には対応しない

 製造プロセスは65nmで、GPU内の演算ユニットであるStream Processorは、GPUごとに128基、GPU 2基で計256基を搭載する。GPU 1基あたりの演算ユニット数は、「GeForce 8800 GTS 512」(関連記事4)と同様である。

 コアクロックは600MHz、シェーダークロックは1500MHz。ビデオメモリーは動作クロック1000MHzのGDDR3メモリーを1GB(512MB×2)搭載する。メモリーインターフェースは256bit幅。ROPユニット数も32基(16基×2)なので、GPU自体はGeForce 8800 GTS 512と同等と思われる。ビデオデコード機能「PureVideo HD」の第2世代エンジン(VP2)を内蔵する点も同様である。PCチップセットとのインターフェースはPCI Express 2.0に対応する。

 NVIDIAが公開した資料では、DirectX 10世代のゲームでの性能比較において、「Crysis」では対Radeon HD 3870 X2比で50%以上の、「ロストプラネット」では同100%以上の描画性能を発揮するとしている。

GeForce 9800 GX2と競合/前世代製品との性能比較 DirectX 10世代ゲームでも、GeForce 9800 GX2と競合/前世代製品との性能比較

 消費電力はさすがに大きく、カード全体での最大消費電力は197Wもある。外部電源コネクターは8ピンと6ピンをひとつずつ備える。

GeForce 9800 GX2を2台装着した「Quad SLI」構成 GeForce 9800 GX2を2台装着した「Quad SLI」構成のイメージ写真

 さらに、2台のGeForce 9800 GX2を1台のパソコン上に組み込むことで、4GPUによる「Quad SLI」にも対応する。GeForce 9800 GX2によるQuad SLI構成時は、GeForce 9800 GX2単体より60~80%程度の性能向上を実現するという。

単体とQuad SLI構成の性能比較 GeForce 9800 GX2単体とQuad SLI構成の性能比較

 そのほかにも、チップセット内蔵GPU機能とカード上のGPUを負荷に応じて使い分けることで省電力化を実現する「Hybrid Power」にも対応する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン