このページの本文へ

Pico-ITXマザーとケースの組み立てキットがVIAから!5インチにも搭載可能!

2007年12月27日 22時40分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズ10cm×7.2cmとなるPico-ITXフォームファクタの超小型マザーボードVIA「EPIA PX10000G」と専用PCケースがセットになった組み立てキット「ARTiGO」が発売された。

「ARTiGO」 本体
サイズ10cm×7.2cmとなるPico-ITXフォームファクタの超小型マザーボードVIA「EPIA PX10000G」と専用PCケースがセットになった組み立てキット「ARTiGO」

 この製品はPico-ITXフォームファクタのマザーボード「EPIA PX10000G」とサイズ15(L)×11(D)×4.5(H)cmの専用PCケース、ACアダプタ、DC-DC電源変換基板、各種ケーブル類などがセットになった組み立てキット。ブラックカラーの光沢のある専用PCケースは、写真のように5インチベイに搭載することも可能だ。
 マザーボードはすでに販売中の「EPIA PX10000G」だが、正確には「EPIA PX10000G ARTiGO」という型番が与えられた組み立てキットオリジナルモデルのようで、ファン付きのヒートシンクはエアフローを考慮した構造となっている。

内部 ケース背面 5インチベイに搭載
ブラックカラーの光沢のある専用PCケースはサイズ15(L)×11(D)×4.5(H)cm。構造上Serial ATA対応HDDは使えず、付属のアダプタで2.5インチIDE HDDのみ搭載可能となる。また5インチベイに搭載することも可能だ
「EPIA PX10000G ARTiGO」基板 裏面 側面
マザーボードはすでに販売中の「EPIA PX10000G」だが、正確には「EPIA PX10000G ARTiGO」という型番が与えられた組み立てキットオリジナルモデル。ファン付きのヒートシンクはエアフローを考慮した構造が特徴だ

 主なスペックはCPUにクロック周波数1GHzでNanoBGA2パッケージのC7-1GHzをオンボード搭載。チップセットに“VX700”を採用するほか、裏面にはDDR2 SO-DIMMスロットを1本装備(DDR2-533、1GBまで)し、UltraDMA133/100/66とSerial ATAは各1搭載。I/O部は“VIA/VT6106S”による100/10Base-TXイーサネット1ポートとチップセット内蔵の機能によるVGA出力のみという構成。ただ同キットでは構造上Serial ATA対応HDDは使えず、付属のアダプタで2.5インチIDE HDDのみ搭載可能となる。
 もともと組み込み向けの製品であるPico-ITXフォームファクタのマザーボードだけに、対応するケースは少なかった。組み立てキットとなったことで、Pico-ITXマザーに興味があったユーザーにとってはハードルが下がり挑戦し易くなったといえそうだ。価格はテクノハウス東映で3万9800円、T-ZONE.PC DIY SHOPで4万680円(近日入荷予定)、アークで4万1980円、高速電脳で4万2800円となっている。

各種ケーブル類 コネクタ マニュアル
ACアダプタ、DC-DC電源変換基板、各種ケーブル類などが付属。組み立てキットとなったことで、Pico-ITXマザーに興味があったユーザーにとってはハードルが下がり挑戦し易くなったといえそうだ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中