このページの本文へ

Commellから組み込み向けのPentium M対応マザーが登場、受注受付中

2007年11月14日 21時56分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Commellから、モバイル向けCPUが搭載可能な「Socket 479M」対応のマザーボード「HS-770DXG2」が登場、パソコンハウス東映で受注販売が始まっている。

「HS-770DXG2」 「HS-770DXG2」裏
Commellから、モバイル向けCPUが搭載可能な「Socket 479M」対応のマザーボード「HS-770DXG2」が登場、パソコンハウス東映で受注販売が始まっている

 「HS-770DXG2」は特殊な形状をしたエンデベッド(組み込み)向けの製品で、同社製品情報によるフォームファクタは“Hall-size PCI-bus CPU Card”というもの。PCIスロットを多数搭載したバックプレーンなどで使用する製品だろう。
 主なスペックは、チップセットが「i915GME」+「ICH6M」。拡張スロットがMini PCI×1、CFスロット×1で、メモリはDDR2 DIMM×2。VGAやサウンド、デュアルギガビットイーサネットなどをオンボードしている。またI/O部はDVIとLAN×2、PS2×1のみ。TV出力も可能だがサウンドやUSB、パラレル/シリアルポートなどは、全て付属のケーブルで引き出すことになる。価格は5万6800円。納期は約1ヵ月とのことだ。

I/O部 付属品
特殊な形状をしたエンデベット向けの製品で、同社製品情報によるフォームファクタは“Hall-size PCI-bus CPU Card”。PCIスロットを多数搭載したバックプレーンなどで使用する製品と思われる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中