このページの本文へ

Mini-ITXマザーボード市場にGigabyteも参入!「C7-1.5GHz」搭載モデルを発売

2007年11月20日 23時53分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近ではインテルも参入して人気となっているMini-ITXフォームファクタのマザーボード市場だが、今度はGigabyteが参入。「GA-C7V7-CSI-RH-SI」という製品が明日21日から発売される。

「GA-C7V7-CSI-RH-SI」 「GA-C7V7-CSI-RH-SI」
Mini-ITXフォームファクタのマザーボード市場に今度はGigabyteが参入。「GA-C7V7-CSI-RH-SI」という製品が明日21日から発売される

 Gigabyte製だからといって、なにか特殊な特徴があるかというとそうではなく、製品はいたってシンプルなMini-ITXマザーといったところ。チップセットに「CN700」+「VT8237R Plus」を、CPUに「C7-1.5GHz」を搭載し、DDR-533対応のメモリスロットを1本とPCIを1本備える。またオンボードデバイスにはVGAや6chサウンド、100/10Base-TXイーサネット、Serial ATA×2、IDE×2などを搭載している。
 なお、North bridgeとCPUには一体型のファンレスヒートシンクを備えるが、サイズは大きめでMini-ITX対応のPCケースには収まらない可能性が高そうなので注意したい。付属品にはI/OパネルやIDEケーブのほか、Mini-ITXマザーでは珍しく詳細なマニュアルも同梱されている。価格はパソコンハウス東映で1万7960円、高速電脳で1万7980円、アークで1万8480円となっている。

マニュアルより I/O部
チップセットに「CN700」+「VT8237R Plus」を、CPUに「C7-1.5GHz」を搭載するいたってシンプルなMini-ITXマザーだ
ファンレスヒートシンク 基板裏面
North bridgeとCPUには一体型のファンレスヒートシンクを備えるが、サイズは大きめでMini-ITX対応のPCケースには収まらない可能性が高そうなので注意したい

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中