このページの本文へ

Gigabyte製Mini-ITXマザーに「C7-1.0GHz」オンボードモデルが追加に

2007年12月12日 21時30分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先月、Gigabyteとして初のMini-ITXフォームファクタのマザーボード「GA-C7V7-CSI-RH-SI」が発売となったが、その下位モデルとなる「GA-C7V7-ASI-RH-SI」が今日から店頭に並んでいる。

「GA-C7V7-ASI-RH-SI」 「C7-1.0GHz」をオンボードする「GA-C7V7-ASI-RH-SI」。クロックの低下に伴いTDPも12W→9Wに下がっている

 両モデルの主な違いは、先の「GA-C7V7-CSI-RH-SI」がCPUに「C7-1.5GHz」を搭載していたのに対し、今回の「GA-C7V7-ASI-RH-SI」は「C7-1.0GHz」を採用する点。単なるスペックダウンのようにも見えるがクロックの低下に伴いTDPも12W→9Wに下がっているのが特徴となる。省電力環境を構築する際にはTDPが少ない方が使い勝手が向上することだろう。
 その他のスペックは共通のようでチップセットは「CN700」+「VT8237R Plus」。DDR-533対応のメモリスロットを1本とPCIを1本備え、VGAや6chサウンド、100/10Base-TXイーサネット、Serial ATA×2、IDE×2などをオンボードで搭載する。またNorth bridgeとCPUには一体型のファンレスヒートシンクを装着している。付属品にはI/OパネルやIDEケーブのほか、マニュアルも同梱。価格はテクノハウス東映で1万3980円、高速電脳で1万4300円、アークで1万4780円となっている。

I/O部 ポップ
チップセットは「CN700」+「VT8237R Plus」。North bridgeとCPUには一体型のファンレスヒートシンクを装着しているが高さがあるので小型ケースでの運用を考えている人は注意

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中