このページの本文へ

Mini-ITXマザー専用の高級アルミ製PCケースの試作機「MiniITXプロト」登場!

2007年12月28日 22時41分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高級国産アルミ製PCケースの製造メーカーとして名高いジャパンバリューから、Mini-ITXフォームファクタのマザーボード専用のPCケース「MiniITXプロト」が登場、来年1月上旬から発売される予定だ。

「MiniITXプロト」 スペック
ジャパンバリューから、Mini-ITXフォームファクタのマザーボード専用のPCケース「MiniITXプロト」が登場、来年1月上旬から発売される

 同社らしいオールアルミ筐体の本体サイズは270(D)×218(H)×63(W)mmで、フロントにはお馴染み「JapanValue彫刻エンブレム」を備えるほか、ブルーLEDによって光るというギミックも用意されている。内部は2.5インチサイズのHDDを2台まで搭載でき、電源は80Wタイプを内蔵。サイドにはXINRUILIAN製の60mm角ファンを2基標準で搭載する。その他、本体は縦横置き両対応で固定用のゴム足も付属している。

フロント 背面 内部
フロントにはお馴染み「JapanValue彫刻エンブレム」を備えるほか、ブルーLEDによって光るというギミックも背面の様子。電源コネクタはサイドに用意されている内部は2.5インチサイズのHDDを2台まで搭載でき、電源は80Wタイプを内蔵。サイドにはXINRUILIAN製の60mm角ファンを2基標準で搭載する

 「MiniITXプロト」というネーミングから想像できるように、同製品はいわゆる量産化前のプロトタイプとなるもの。そもそも量産されるのかどうかも決まっていないそうで、今回発売予定の5台で終了してしまう可能性もあるという。また量産モデルが発売されたとしても、同モデルとは仕様が異なる場合もあるとか。
 現在サンプル版を展示している高速電脳によると価格は2万9800円。決して安くはないが、高級国産アルミ製のMini-ITXマザー専用ケースというのは珍しい。小型PCマニアの人にとっては注目の製品となりそうだ。

スペック ゲルシート 底面
主なスペック。けして安くはないが、高級国産アルミ製のMini-ITXマザー専用ケースというのは珍しいHDD搭載部にはゲルシートが貼られているほか、絶縁性のアブソーバも装着マザーボードは底面から約1cmほど浮くようにマウントするので、基板裏面にCFなどがあるタイプでも搭載できるかもしれない(未確認)

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中