このページの本文へ

人気の「GeForce 8800 GT」にメモリ256MB版が登場! なぜ256MB!?

2007年12月07日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 発売以来、人気の「GeForce 8800 GT」ビデオカードに、従来の半分となる搭載メモリDDR3 256MB版が登場した。第1弾はXFX製のノーマルモデル「PV-T88P-UDFP」とオーバークロックモデル「PV-T88P-UDDP」の2モデルだ。

2モデル
人気の「GeForce 8800 GT」ビデオカードに、従来の半分となる搭載メモリDDR3 256MB版が登場。第1弾はXFX製のノーマルモデル「PV-T88P-UDFP」とオーバークロックモデル「PV-T88P-UDDP」の2モデルだ

 製品はコア/メモリクロックが定格の600MHz/1800MHzの「PV-T88P-UDFP」と、650MHz/1600MHzにオーバークロックした「PV-T88P-UDDP」の2モデル。冷却ファンは従来のリファレンスモデルよりも大きい約70mm口径タイプを採用している。搭載メモリは冒頭でも触れたようにDDR3 256MBで、インターフェイスはDualDVI/HDTV-OUTという構成だ。
 さて、問題となるのはこのカードの販売価格。以下に掲載したとおりノーマルモデル、オーバークロックモデルいずれも3万円を越える価格となっている。以前こちらでもお伝えしたとおり、バルク版ながら2万円台でも購入可能なメモリ512MB版も存在し、加えてリテール版でも3万3000円ほどで販売されているのが最近の秋葉原での相場。メモリ容量が半減したことで、販売価格もそれなりに下がると予想していた(普通はそうなのだが……)ユーザーにとっては残念な結果となってしまった。年末にかけて購入予定のある人は、ここは割り切って多数のモデルが発売されている512MB版を購入するのが正しい選択といえそうだ。

ポップ
販売ショップのスタッフも首をひねる価格設定となった搭載メモリDDR3 256MB版「GeForce 8800 GT」。なにもXFXに限った話ではないようで、今後登場予定のメーカーもおおむねこの程度の価格になるという
価格ショップ
「PV-T88P-UDFP」
¥30,980アーク
¥31,770フェイスパーツ館
¥31,780TWOTOP秋葉原本店
¥32,340USER’S SIDE本店
「PV-T88P-UDDP」(OCモデル)
¥33,600USER’S SIDE本店
¥33,770フェイスパーツ館
¥33,780TWOTOP秋葉原本店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中