このページの本文へ

「GeForce 8800 GTS“改”」搭載の新型(?)ビデオカードがeVGAからデビュー!

2007年11月03日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 eVGAからちょっと変った「GeForce 8800 GTS」搭載ビデオカード「e-GeForce 8800GTS SSC 640MB」が発売となった。

「e-GeForce 8800GTS SSC 640MB」
従来のG80をべースに改良を加えたと思われる「GeForce 8800 GTS」搭載ビデオカード「e-GeForce 8800GTS SSC 640MB」。ストリームプロセッサ数は“96+”となっているが……

 登場からほぼ1年が経とうとしている「GeForce 8800 GTS」。今回登場した「e-GeForce 8800GTS SSC 640MB」のスペックを同社ウェブサイトで確認してみるとストリームプロセッサ数(以下:SP)が“96+”と記載されている。ご存知のように「GeForce 8800 GTS」のSP数は“96”。本製品のスペックは“+”となっている以上、それよりも多くのSP数を持っていると思って良さそうだが、同GPUについてNVIDIAなどからの公式なコメントもなく、詳細は不明。
 本日入荷したアークのポップによれば「G80コア改良モデル」という記載も確認できる。奇しくも今週はG92ベースの「GeForce 8800 GT」が登場したわけだが、こちらは従来のG80をべースに改良を加えたものとなるようだ。
 製品は2スロット仕様で、搭載メモリはDDR3 640MB、インターフェイスはDualDVI/HDTV-OUTという構成。コア/メモリクロックはオーバークロックとなり576MHz/1800MHz(定格500MHz/1600MHz)となる。価格はアークで5万4600円だ。

ポップ
あくまでウワサレベルだがSP数は112という話も。どちらにせよG80をべースに改良を加えたものというのを“忘れずに”覚えておきたいところ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中