このページの本文へ

流通量は少なめ? ASUSTeK製「GeForce 8800 GT」搭載のOCモデルが登場!

2007年12月06日 21時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「GeForce 8800 GT」搭載のオーバークロック仕様となるビデオカード「EN8800GT TOP/G/HTDP/512M」がASUSTeKから登場、明日7日から販売が始まる予定だ。

パッケージ パッケージは通常版と同じ第二次世界大戦RTS「Company of Heroes」同梱モデル。もちろんゲームも同梱されている

 「EN8800GT TOP/G/HTDP/512M」はコア/メモリクロックが定格の600MHz/1800MHzから700MHz/2000MHzにオーバークロックされている製品。しかしながら、カード本体は先週末に発売された同社オリジナルの基板と冷却ファンを搭載した「EN8800GT/G/HTDP/512M/R2」とは異なり、いわゆる1スロット仕様のリファレンスタイプとなる。搭載メモリはDDR3 512MB、インターフェイスはDualDVI/HDTV-OUT。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで3万9800円となっており、明日から販売開始となる。同店によれば流通量は極めて少量とのことだ。

「EN8800GT TOP/G/HTDP/512M」
コア/メモリクロックが定格の600MHz/1800MHzから700MHz/2000MHzにオーバークロックされている「EN8800GT TOP/G/HTDP/512M」。リファレンスモデルより約10%のパフォーマンスアップに成功しているという

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中