このページの本文へ

ついに1GBメモリ搭載の「GeForce 8800 GT」カードがPalitからデビュー!

2008年01月11日 21時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2007年後半の登場と同時にその年を代表するビデオカードとなっと言っても過言ではない人気モデルとなった「GeForce 8800 GT」だが、今度はビデオメモリがなんと「DDR3 1GB」という「GeForce 8800 GT」搭載ビデオカード「GeForce 8800GT Super+1GB」がPalitから発売となった。

「GeForce 8800GT Super+1GB」
搭載メモリがDDR3 1GBとなる「GeForce 8800 GT」カード「GeForce 8800GT Super+1GB」がPalitから発売。2スロオリジナル仕様でかつ大容量のメモリ1GB搭載モデルということで人気となりそうな製品である。代理店は興隆商事

 ミドルレンジ向けのGeForceシリーズではメモリ1GBモデルが販売されているが、ハイエンド向けとなる「GeForce 8800」シリーズでは今回が初めてとなる。カードは、メモリ一体型のブルーの2スロット仕様大型冷却クーラーを搭載し、同じくブルーのヒートシンクをVRM周りにも装着するもので、すでに同社から発売済みのメモリ512MBモデル「GeForce 8800GT PCIE」と同様だ。ただしメモリ容量が倍となった分、裏面にもチップを搭載する。そのため写真のようにアルミ製と思われる冷却板が装着されているのが特徴となっている。

裏面 ポップ
メモリ容量が倍となった分、裏面にもチップを搭載。そのため写真のようにアルミ製と思われる冷却板が装着されている

 メモリ容量以外の主なスペックはコア/メモリクロックが定格の600MHz/1800MHz、インターフェイスがDual DVI/HDTV-OUT。付属品としてDVI-HDMI変換アダプタが同梱される。ただし、基板上にS/PDIF入力端子も確認できるが、サウンド用のケーブルは付属しない。価格は本日入荷を確認したアークでは4万780円となっている。2スロオリジナル仕様でかつ大容量のメモリ1GB搭載モデルということで人気となりそうな製品だ。

I/O部 付属品
付属品にDVI-HDMI変換アダプタが付き基板上にS/PDIF入力端子も確認できるが、サウンド用のケーブルは付いていない

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中