このページの本文へ

おもしろスゴイがスグ買える IoT最前線 ― 第7回

最適なタイミングで起こしてくれる「目覚ましアイマスク」がスゴすぎる!

2016年09月16日 17時00分更新

文● 近藤正充(+Style事業責任者)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクが展開する、IoT商品が企画/購入できるサービス「+Style(プラススタイル)」の事業責任者をしている近藤です。連載7回目です。引き続きよろしくお願いします。+Styleの最新情報はFacebookページでお知らせしています。「+Style Facebookページ」にぜひ“いいね!”をくださいませ。

 9月は2週間ほど海外出張に行ってました。先週の連載でも報告したIFAと、別の打ち合わせのために3カ国巡ってきました。そこそこ出張があるため、時差ボケ解消法は、独自のものがありますが(機内は行き先現地時間に併せて過ごすとか)、それなりの歳になってくると、なかなか抜けなくなるものです。

 しかし、今回の出張には強い味方「NEUROON」を持って行きました。実はちょっと効果は半信半疑なところがあったのですが、やってみて良いことを実感。発売されたばかりのiPhone 7 を使い倒して昼夜逆転してしまった人も、コレさえあれば、無理せず解消できるはず、です。

手軽に快眠のためのアドバイスが受けられるIoT商品「NEUROON」

 ヨーロッパ最大の家電ショー「IFA」。大手メーカー等が新商品を発表する場所、商談する場所として、毎年9月に行なわれています。今年も多くのIoT商品が発表され、賑わっていました。数多くあるIoTのジャンルの中でも「睡眠」に関するデバイスは多く展示されていたように思います。ベッドの下に敷いて、カラダの動きや睡眠状態をチェックするものから、いびきを解消するものなどさまざま。やはり人生の約3分の1はベッド上にいるわけですから、そこを快適にすることは重要ですよね。

 さて、話は「NEUROON」に戻ります。この商品は何が良かったというと、使えば使うほどより良い睡眠にしてくれるための具体的なアドバイスをもらえるというところ。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!