ASCII倶楽部

このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記 ― 第17回

「クリーニング屋いらずの洗濯機」でクリーニング代を考える【倶楽部】

2016年07月15日 06時00分更新

文● コジマ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは13日、衣類のいたみや縮みをおさえながら汚れを落とす「ホームクリーニングコース」を新搭載したドラム式洗濯乾燥機を発表しました。

 ホームクリーニングコースとは、シャープ独自の高圧給水ノズルで水道水を小さな水滴にして、衣類に吹きつける洗浄方式「マイクロ高圧シャワー」を使ったものです。

 ドラムの回転を改良し、衣類にシャワーが当たりやすいようにしたことで、従来の「ドライコース」で落とせなかった汚れが落とせるようになったとか。

 衣類の型崩れや縮みをおさえながら、ファンデーション、ケチャップ、しょうゆなど落ちづらい汚れをきれいに落とせるとのこと。ダウンジャケット、カシミヤのニット、レーヨンのブラウス、帽子などおしゃれ着も洗えるそうです。すごい。

 おしゃれ着が洗えてクリーニング屋いらずというなら、思い切って自宅に買ってしまうのも悪くないかもしれない。そう考えた筆者でしたが……。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!