このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第360回

日清がカップヌードルのアレを「謎肉」と自ら言い出した理由

2018年05月16日 08時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日清食品は「カップヌードル 肉食リッチ 贅沢肉盛り担々麺」を5月28日から発売します。価格は250円前後。

 プレミアムタイプのカップヌードル「カップヌードル リッチ」シリーズの第6弾。ごまをふんだんに使用した担々スープに、花椒(かしょう、ホワジャオ)と唐辛子をきかせた特製ラー油を加えることで、本格的な味わいが楽しめるそう。

 具材には、謎肉(豚肉や野菜などの素材をミンチ状にして、フリーズドライ加工した具材)に赤味噌、豆板醤、花椒を加えた「特製肉味噌担々謎肉」と、チンゲン菜、赤ピーマンを使用しています。さらっと読み飛ばしたかもしれませんが、特製肉味噌担々謎肉、です。

 筆者はこの商品説明を読んで、ほほーと思いました。“謎肉”と、公式がうたっているのです。今回は、謎肉についてちょっと考えてみましょう。

この連載の記事
ASCII倶楽部にて、週刊アスキーの人気ルポ漫画『カオスだもんね!PLUS』が、まとめて読める新コンテンツがついに配信開始!

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!