このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第127回

Androidゲーム機の時代が来る?

2021年12月06日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PCやスマホのメーカーは参入しやすい

 Androidゲームを遊べる専用デバイスは、これまでありそうになかった製品だ。今後期待できるのは、このチップセットを使って、様々なメーカーがAndroidゲーム専用機をつくることだろう。

 Razerのみならず、ゲーミングPCをつくっているパソコンメーカー、さらにAndroidスマートフォンメーカーでゲーミングスマホを展開しているところも参入しやすいはずだ。

 個人的にはマイクロソフトやソニーなど、コンソールゲーム機メーカーが参入してくると面白いことになりそうな気がしている。 

 クアルコムとマイクロソフトはWindowsプラットフォームで、クアルコムとソニーはAndroidプラットフォームで良好なパートナーだ。

 マイクロソフトはクラウドゲーミングの「Xbox Game Pass」が好調であり、オリジナルのデバイスを出すのもアリなのではないか。

 ソニーに関しては、その昔「Xperia PLAY」というコントローラがスライドして出てくるスマートフォンを出して大失敗した過去があるが、最近、ソニー・インタラクティブエンタテインメントがモバイルに興味を示しているという報道も散見されるので、ひょっとして、なんてことを期待したい。

 もちろん、Androidゲームが動くということで、グーグルもやる気になるはずだ。Google Playでのゲーム配信、さらに課金が増えるので、グーグルとしても、ゲーム機デバイスが盛り上がることは大歓迎なはずだ。こちらもPixelのように独自ゲーム機デバイスを投入してきてもおかしくない。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン