メルマガはこちらから

PAGE
TOP

Kore.ai、会話型AIプラットフォームの無償トライアルキャンペーンを開始

PR TIMES

Kore.ai Japan 合同会社
11月2日~12月17日まで、2カ月間トライアル環境を無償で利用可能

会話型AIソフトウェアのリーディングカンパニー、米Kore.ai(コア・エーアイ)社の日本法人であるKore.ai Japan合同会社(本社:東京都港区、エグゼクティブ・バイスプレジデントアジア太平洋 及び 日本社長:スリニ・ウナマタラ、以下「Kore.ai」)は、本日より、会話型AIプラットフォーム「Kore.ai Virtual Assistant Platform」の無償トライアルキャンペーンを開始します。キャンペーン期間は、11月2日(火)~12月17日(金)まで受け付けます。アカウント作成後、2カ月間、無償で利用できます。


Kore.aiは、2014年に米国で設立、日本法人は2020年10月に設立しました。Kore.ai Virtual Assistant Platformは、独自の3つのエンジンを組み合わせた自然言語処理により、人と会話をしているような形で高度な問い合わせ対応やアクションを実現します。ローコード/ノーコードの開発環境により、比較的簡単にバーチャルアシスタントを構築・運用することが可能です。テキストと音声の両方に対応しており、追加費用なく30以上の外部チャネルとの接続が可能です。事前に作成したフローから外れる予測不可能な発言に対しても対話を継続することができ、AIによる自己解決率は80%を超えています。

現在、Kore.ai Virtual Assistant Platformは、100社を超えるフォーチュン500企業が、同社製品を導入しています。Kore.aiでは、国内でも順調に導入企業が増えていることを受け、製品に実際に触れてもらうことで、同製品の使い勝手や活用によるメリットをより多くの企業に理解してもらうため、今回のキャンペーンを開始しました。無償トライアル期間終了後に希望すれば本番環境に移行することも可能です。

Kore.ai Virtual Assistant Platform無償トライアルキャンペーンの概要は、以下の通りです。

キャンペーン概要
キャンペーン名:Kore.ai Virtual Assistant Platform無償トライアルキャンペーン
期間:2021年11月2日(火)~12月17日(金)の利用開始から2カ月間
申し込み方法:こちら(https://prtimes.jp/a/?f=d87346-20211101-ebe1d6d9e0ba35712ffaaf2037fcc907.pdf )にアクセスして、手順に従いアカウントを作成することで、トライアル環境を自由に利用できます。

想定利用者
以下のような検討・懸念を抱えるお客様の活用を想定しています。

「会話型AIプラットフォームがどのようなものか興味があり、触ってみたい」
「予算取得前に、まずはどのようなものか、自社にとってどのような効果がありそうかを確認したい」
「一般的なトライアル期間(1カ月等)では、確認の期間として足りない」
「トライアル利用し、利用価値がないと判断されればすぐにやめたい。逆に有用と判断されれば本番移行したい」


以上

Kore.aiについて
Kore.ai(コア・エーアイ)は、市場有数の会話型AIプラットフォーム上に構築されたデジタルバーチャルアシスタントを通じて、顧客と従業員のやり取りを自動化し、ビジネスのスピードを速めています。顧客と従業員の体験を優先する企業は、Kore.aiのノーコード会話型AIプラットフォームを使用して、顧客満足度を高め、運営コストを低減しています。米国の上位4行の銀行、上位3社のヘルスケア企業、100社を超えるフォーチュン500企業が導入しており、2014年のKore.ai設立以来、10億件のインタラクションを自動化してきました。Kore.aiの構築済みの業界や部門向けバーチャルアシスタントは、こうしたトップ企業がフロントオフィス業務の自動化の影響をより簡単かつ迅速に拡大できるようにします。Kore.aiはトップアナリストから、リーダー企業そして革新企業として認められています。本社を米国オーランドに置き、日本、インド、英国、欧州に拠点を擁しています。詳細については、kore.aiをご覧ください。

編集者のオススメ記事