このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

バイクに乗って風になれ! 現役モデルのバイク免許取得大作戦 第4回

バイク免許への道は険しい! ATスクーター教習で思わぬ苦戦を強いられる

2021年10月17日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●新 唯(@arata_yui_)編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スクーターでATの走りを学ぶ

AT車体験の教習車両

右手ハンドル部。ここは普段のMT教習車と変わりはない

左手ハンドル部。クラッチレバーの代わりにリアブレーキレバーへと変更されている

スクーターの足元。ブレーキペダルや変速レバーなどは装着されていない

 7時限目はAT車の体験教習。クラッチのない排気量400ccクラスのスクーターに乗って、今までのバイクとの違いを体験してみよう、というものです。スクーターの場合、まずペダル操作はありません。すべてハンドル側で操作します。右手レバーはフロントブレーキ、左手レバーはクラッチの代わりにリアブレーキとなります。

スクーターを手押しする唯さん

 「スクーターというから、小さなバイクだと思っていたんですけれど……このバイク、今までの教習車(CB400 SUPER FOUR)より大きいんですけれど」「今日はもう終わった……」とボヤく唯さん。手押しをして、それまでの教習車よりも重たい車体に唖然とします。

スクーターを走行させる唯さん

 早速乗車しエンジンスタート。まずは発進と停止を繰り返しながら、バイク操作を学びます。ここら辺は初回教習と一緒です。

リアブレーキを巧みに使って小回りの練習をする唯さん

交差点で徐行する唯さん

 続いて左手ブレーキを多用しながらの小回りと交差点の練習。これがなかなか難しいようで、かなり苦戦する唯さん。ある程度慣れたところで、指導員の後ろを走りながら、次の教習からのコースを覚えます。とはいえ、課題部分は走行できないため、あくまでもコースのみ。ゆったりとマイペースで、どこかおっかなびっくりの走りをしながら、懸命に指導員の後をついていきます。こうして教習は終了。

 そして手押ししてバイクを元の位置に戻そうとするのですが、あまりの重たさに唯さんは涙目に。倒しそうになりながらも、何とか所定位置にバイクを戻すことができました。「ATだからカンタンだと思っていたんですけれど、ATはATの難しさがあるということがわかりました。あと、とにかくバイクが重たい……」と、想像とは異なる教習に息も絶え絶えの唯さんでした。次は1段階の最終段階に挑戦します。はたして無事2段階に歩みを進めることができるのでしょうか?

唯さん装着のライディングギアを紹介

Hondaのライディングギアで教習に臨んだ唯さん

 レインボーモータースクール和光でバイク教習を受ける際には、長袖と長ズボン、そしてライディングシューズか皮のブーツでなければなりません。そこで今回から、唯さんが教習の時に着用していたウェアをご紹介したいと思います。

エアーコンテンドジャケット(3万9600円/Size:M,L,LL,3L/写真のシルバーのほか、ネイビーあり)

 今回唯さんが着用しているジャケットは、今春に登場したばかりのエアーコンテンドジャケット。メッシュ素材で、通気性は抜群な上に、立体裁断によりライディングフォームにマッチした、まさにバイク乗りにピッタリな1着。背中と肘にはソフトプロテクターを配置しているほか、走行風のバタつきを抑えるウエスト、裾、袖にはサイズ調整用タブ、夜間走行に備えて各所にリフレクターを装備するなど、機能性に優れた一着に仕上げられています。

背面。腰回りにHondaのウイングマークがあしらわれている

 デザインもスポーティーテイストながら、抜け感のあるカジュアルなスタイリング。左胸と背面の腰付近にHondaのマークがある程度で、パッと見た感じはスポーツウェアに見えます。

ライディングデニムパンツ(1万120円/Size:WM,WL,M,L,LL,3L,4L、写真はブラック、他にブルーあり)

 細身ストレートシルエットのデニムパンツは、ストレッチデニム素材を使用した機能性とフィット感に優れたもの。膝部分にはソフトプロテクターを備えているので、万が一の時でも被害を最小限にしてくれます。デザインもフロントに3ヵ所/バックに2ヵ所の5ポケットというオーセンティックなもので、街歩きした際「いかにも」感が少なくて◎。でありながら、バックポケットはウイングをモチーフにした刺繍が施され、ほかにはないオシャレな一着に仕上げられています。また、女性用のサイズがあるのもうれしいところ。

 Honda Dreamなど、Honda二輪車正規取扱店で販売していますので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

【次回予告】

 シミュレーターもスクーター教習もクリアした唯さん。次回はついに「みきわめ」の時間です。

モデル紹介――新 唯(あらた ゆい)

 栃木県出身10月5日生まれ。2020年に小林唯叶としてモデルデビュー。2020年シーズンのSUPER GT「マッハ車検GAL」をはじめ、SUPER FORMULA、スーパー耐久シリーズのレースクイーンとして活躍。2021年4月の芸能事務所プラチナム・プロダクションへの移籍に伴い新 唯に改名。現在ファッションモデルとしての活動のほか、マルチタレントを目指し演技の勉強中。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ