このページの本文へ

第1弾「横丁リブート計画」を実施予定

トレタ、favyの外食DX「RaaS構想」に参画 コロナ禍の飲食店を支援

2021年10月04日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トレタ、favyによる「RaaS構想」に全面参画

 飲食店向け予約・顧客台帳サービスを手掛けるトレタは10月4日、favyと連携し、「RaaS構想」を展開すると発表した。

 RaaS構想は、favyがプロデュースする飲食店での実体験や顧客店舗へのツール導入支援を通して、レストランテック各社のシステムを統合することで、飲食店のDX導入効果の最大化を目指すもの。

 第1弾の取り組みとして、favyが運営するシェア型レストランのノウハウを活用し、シェアレストラン構築支援・運用支援の取り組みの一環として、閉店した横丁スタイルの飲食店の再生に挑戦する「横丁リブート計画」を行なう。

 シェア型レストランでは、複数の飲食人がキッチンや客席を共有するため、開業を希望する飲食人にとっては初期費用を抑えられる上、売上連動型の家賃のためリスクを最小限にできるという。加えて、共同仕入れや共通した販促活動によって、コスト軽減が実現できることも大きな特長としている。

 favyでは、2021年中に鹿児島県、徳島県、大分県、宮城県、富山県で横丁リブート計画を実施し、シェア型レストランをオープン予定。

 トレタは、飲食人の起業支援やコロナ禍で痛手を負った飲食人の再チャレンジの場となる横丁リブート計画に共感し、今回の連携に至ったという。飲食店向け予約・顧客台帳サービス「トレタ」をはじめ、店内モバイルオーダー「トレタO/X」や、飲食店の電話予約をAIで自動受付する「トレタ予約番」を横丁リブート計画のためにカスタマイズし、favyの販促サービスなどとパッケージ化した上で、RaaS(Restaurant as a Service)として提供する予定。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ