このページの本文へ

チームビューワー、QNAP NASのリモート接続を可能に

TeamViewer ジャパン株式会社
2021年09月17日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

TeamViewer ジャパン株式会社
リモート接続ソリューションのグローバルリーダーであるTeamViewer(以下、チームビューワー及び当社)は、QNAPのネットワーク接続型ストレージ(NAS)デバイスのユーザーが、『TeamViewer IoT』を利用可能になったことをお知らせいたします。NASにリモートアクセスが追加されることで、当社のITインフラストラクチャソリューションのサポート範囲が更に拡張します。QNAPのユーザーは、NAS用の『TeamViewer IoT』エージェントをQNAP App Center(https://www.qnap.com/en/app_center/)からダウンロードすることができます。


『TeamViewer IoT』はGUIレスマシンの制御、モニタリングを簡単に実現する IoT 基盤ソフトウェアです。ユーザーは、『TeamViewer IoT』を使用することで、製造や生産における資産の接続、監視、運用を安全に、いつでも遠隔にて行うことができます。具体的にはゲートウェイを介したPLC/CNCへのリモートプログラミング、センシングやSynology NAS等へのリモートアクセスが可能です。他にも多くのシステムに接続することができます。

QNAP NASは、定期的なデータのバックアップおよびファイルの共有プロセスを目的とし、小規模オフィスから大企業まで多くの職場で利用されています。『TeamViewer IoT』の利用が可能になり、QNAP NAS管理者は、『TeamViewer』デスクトップクライアントまたはブラウザベースのアプリケーションを介してNASデバイスの状態を監視し、必要に応じてそれらにアクセスすることができます。これにより、マスキングされたIPアドレスやエンドツーエンドの256ビットセッション暗号化などの機能を備えた高速で信頼性の高いリモート接続ソリューションが保証されます。

チームビューワーのビジネス開発ディレクターであるConstantin Falcoianu(コンスタンティン・ファルコイアヌ)は次のように述べています。「チームビューワーでは、企業にとって重要であるITインフラストラクチャの保守とリモートアクセスを容易にする方法を探求し続けています。そのため、『TeamViewer IoT』がQNAP App Centerで利用できるようになったことは大きな進展です。NASを含めた数々のデバイスで当社のリモート接続ソリューションを利用されている事実は、IT技術者から厚い信頼を得ている証といえます」。

QNAPのプロダクトマネージャーであるAseem Manmualiya(アセーム・マンムアリヤ)は次のように述べています。「QNAP NASにとってセキュリティは最優先事項です。『TeamViewer』との連携は、データセキュリティを担保しながらアクセシビリティと機能を改善するための取り組みの一貫になります。このパートナーシップによって、ITチームをはじめとするNASユーザーに最高のユーザーエクスペリエンスを提供できることは光栄なことです」。

高速接続、Linux Shellへのリモートアクセス、大規模なNASフリートの管理など、拡張されたリモート接続機能をご利用いただくには、NASを『TeamViewer』アカウントに割り当てる必要があります。 『TeamViewer IoT』エージェントは、すべての主要なQNAP NASステーションで利用できます。QNAPのデバイスで『TeamViewer IoT』を使用するための要件、セットアッププロセス等についての詳細はこちら(https://www.teamviewer.com/en/integrations/qnap/)をご参照ください。

※本プレスリリースは 2021 年 9 月 14 日、ドイツで配信された発表の日本語抄訳版です。

                        ###

TeamViewer (チームビューワー)について
チームビューワーはリモート接続プラットフォームのグローバルリーダーとして、デジタル化を推進するあらゆる規模の企業を支援しています。リモート接続ソリューションである『TeamViewer』は、PC、モバイル端末、工場の機械やロボットなどのデバイスと人、そして場所や時間を問わず世界のユーザーとの接続を可能にし、セキュリティの高いリモートアクセス、サポート、コントロール、コラボレーション機能がいかなるオンライン上のエンドポイントでも利用可能です。個人向けには無償で提供しており、現在の登録者は60万人。法人は中小企業から大企業まで多様な業種で利用されています。チームビューワーはデバイスの分散化、自動化、ニューノーマルといった環境の変化に柔軟に対応しながらAR、IoT、AIの分野でのDXやイノベーションを主導しています。会社設立以来、『TeamViewer』がダウンロードされているデバイスは現在25億台に達しています。

会社設立は2005年。本社はドイツのゲッピンゲン、従業員は全世界で約1,500名。2020年度の売上は約4億6,000万ユーロ。TeamViewer AG(TMV)はフランクフルト証券取引所に上場しており、MADAX株式指数構成銘柄となっています。TeamViewerジャパン株式会社はTeamViewerの日本法人として2018年に設立されました。日本法人のウェブサイトはhttps://www.teamviewer.com/ja/

QNAPについて
QNAP (Quality Network Appliance Provider) は、ソフトウェア開発、ハードウェア設計、自社製造にて総合的なソリューションを提供することに専念しています。ストレージ、ネットワーキング、スマートビデオでの革新に焦点を合わせたQNAPは、当社の先進のサブスクリプションベースのソフトウェアと多様なサービスチャネルのエコシステムを融合させた、画期的なCloud NASソリューションを紹介いたします。QNAPは、NASを単なるストレージ以上のものとみなし、ユーザーがQNAPソリューション上で人工知能分析、エッジコンピューティング、データ統合をホストし、開発するためのクラウドベースのネットワーキングインフラを構築いたしました。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ