このページの本文へ

サイボウズと北九州市、全庁的なDX推進に関する連携協定を締結

サイボウズ株式会社
2021年09月16日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サイボウズ株式会社
kintoneを活用し自治体の業務改革を支援

サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野慶久、以下サイボウズ)は、北九州市と全庁的なDX推進に関する連携協定を締結しました。目的は、市民サービスの向上や行政運営の効率化となります。




■協定の目的
本協定は、北九州市の全庁的なDX推進の実現に向けてkintone(キントーン)を活用し、その有効性を検証するとともに、活用成果を発信することを目的としております。この協定を契機として、行政サービスのあり方をデジタル技術を活用して見直し、市民誰もが一人ひとりのニーズにあったサービスを最初から最後までデジタルで受けることができる、新しい価値を提供する市民目線の「デジタル市役所」の実現を目指します。

■連携協定の内容


北九州市におけるデジタル技術を活用した全庁的な業務改革及びデータ利活用の推進
北九州市職員の働き方改革の推進
北九州市におけるデジタル人材の育成及び人材交流
本取組によって北九州市が得た成果の庁内、市内及び他の行政機関等への発信
その他目的の達成に必要な事項


■業務改善プラットフォームkintoneで実現する、自治体の業務改革
(1)住民サービスのデジタル化
Webフォームと連携することで、個人・法人の行政手続きをオンライン化
(2)庁内業務のデジタル化
全庁に存在する紙・FAX・Excelの非効率業務を改善するプラットフォームに
(3)関係機関との情報共有化
他部門や関係機関とのスムーズな情報共有を実現

■北九州市長からのコメント
本協定の締結にあたりサイボウズ株式会社の皆様にはご尽力をいただき、深く感謝を申し上げます。本市は、今年4月にデジタル市役所推進室を新たに設置し、先進的なデジタル技術を最大限活用することで、市民サービスや市役所の庁内業務を抜本的に見直す「自治体DX」を推進しています。
今月にはデジタル庁も発足し、より迅速なDXの推進が求められています。そのためには、職員が現場のニーズに即して、自らの力でデジタル化を短期間で進めていくことが重要であると考え、kintoneを採用することとしました。
このたびの協定締結により、サイボウズ株式会社の知見を取り入れながら、全庁的なDXを更に加速させ、市民サービスの向上や行政運営の効率化を図ってまいります。

北九州市長 北橋 健治

■サイボウズ 栗山からのコメント
この度、北九州市様とkintoneを用いた全庁的な「自治体DX」の取り組みをご一緒できることを大変嬉しく思っております。職員の皆様と一緒にお互いのノウハウを集結しながら、スピード感を持ったDXの推進を行えると確信しております。全国的にも自治体でのDXの加速が求められている中、本取り組みが他の自治体にとっても良い参考例となれるよう、尽力して参ります。

サイボウズ株式会社 執行役員 営業本部長 兼 事業戦略室長 栗山 圭太

■kintoneとは
製品サイト:https://kintone.cybozu.co.jp/
サイボウズ株式会社が提供する、業務アプリ開発プラットフォームです。営業の案件管理、お客様からの問い合わせ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報など、お客様の用途に合わせた業務アプリの作成が可能です。アプリケーションはノンプログラミングで開発できます。また、社内SNSのようなコミュニケーション機能を活用することでスピーディな情報共有が可能になり、業務効率化を実現します。


記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、下記をご参照下さい。
http://cybozu.co.jp/company/copyright/other_companies_trademark.html

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ