このページの本文へ

scheme verge、神戸市との協働による令和 3 年度上半期 Urban Innovation KOBEに採択

scheme verge株式会社
2021年09月14日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

scheme verge株式会社
余暇・観光MaaSアプリ「Horai」を用いた地域住民の潜在的ニーズの発掘により、with/afterコロナのライフスタイルの多様化に伴う新たなマイクロツーリズムの促進を目指す

scheme verge株式会社(本社:東京都文京区、代表者:嶂南 達貴(代表取締役CEO)、以下「scheme verge」)は、神戸市がスタートアップと協働で地域課題を解決するプロジェクト Urban Innovation KOBE の令和 3 年度上半期課題「with/afterコロナを見据えた、公共交通の利用促進プロジェクト」に採択されました。 本年9月より約4ヶ月間、神戸市交通局営業推進課との協働によりMaaSアプリ「Horai」を用いた実証実験を行ってまいります。



今回神戸市から提示された課題の一つである「with/afterコロナを見据えた、公共交通の利用促進プロジェクト」には、新型コロナウィルスの影響で、市バス・地下鉄の乗降客数が大幅に減少しており、大規模イベントでの集客やこれまで実施していたやり方での乗客増・収入増対策ができないという背景があります。

これに対しscheme vergeは、余暇・観光プラットフォームHoraiの技術を用い、市バス・地下鉄の乗降客数減少をはじめ、近隣の施設への移動を含めた自家用車依存、都心部など一部地域への余暇客の集中といった、神戸市が抱える様々な課題に対し協働で解決してまいります。

実証実験では、沿線地域における潜在的ニーズを秘めたユーザに刺さるスポットの発掘を行い、ユーザがそれらのスポットの情報をHorai上で一元的に閲覧できるようにします。さらに、非接触での利用が可能なNFCシステムを用いた周遊パスの造成と提供をアプリ上で行うことで神戸市全体での周遊性を向上し、公共交通の利用を促進してまいります。


■Urban Innovation KOBEについて■
神戸市が、起業・スタートアップ支援による神戸経済の活性化を目指し平成 30 年度より実施しているプロジェクト。スタートアップ(成長型起業家)・ベンチャー企業と市職員が協働して神戸市の地域・行政課題の解決に取り組みます。

令和 3 年度上半期「Urban Innovation KOBE」:https://www.city.kobe.lg.jp/a14333/284634116607.html


■Horaiについて■
Horaiは、「旅程」を立案するアルゴリズムを核に、エンドユーザーと地域リテール事業者の双方に最適な行動を推薦・サポートするスマートフォンアプリです。scheme vergeでは、近隣住民が神戸市各地に散財する魅力的な店舗・スポットで余暇を過ごすライフスタイルへのシフトとともに、データに基づいた施策立案・実行・PDCAを回した改善を行える仕組みを構築し、マイクロツーリズムを通じた公共交通の利用習慣の促進を目指します。


■ scheme verge株式会社について ■
会社名:scheme verge株式会社
会社成立日:2018年7月24日
代表者:嶂南 達貴(代表取締役CEO)
所在地:東京都文京区本郷3丁目28−10 柏屋ビル 2 - 2階 / 3階(受付:3階)
業務内容:
都市・交通ソリューションの設計・開発・提供
上記の障壁となる技術課題、社会課題、政策課題、国際課題についての調査及び提言
上記にまつわる情報処理・情報通信・情報提供に関するサービスおよびソフトウェアの開発・販売・賃貸
URL:http://www.schemeverge.com/
プロダクトページ: https://www.horai.sv

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ