このページの本文へ

ファインディ株式会社が「LayerX インボイス」を導入 -事例紹介セミナーで受取請求書の処理時間を50%削減までのプロセスを大公開-

株式会社LayerX
2021年09月08日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社LayerX
テクノロジーを活用した業務プロセスのデジタル化を推進する株式会社LayerX(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:福島良典、以下 当社)は、エンジニア向けの人材サービスを提供するファインディ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:山田 裕一朗)が、「LayerX インボイス」の導入により、経理DXを推進し、受取請求書の処理時間を50%削減したことをお知らせします。




今回、ファインディ株式会社様への導入支援事例をご紹介します。
詳細の内容は下記をご覧ください。
https://www.layerx.jp/invoice/stories/findy

■「LayerX インボイス」導入までの課題と背景
・事業成長に伴う支払先の増加により、請求書の整理と仕訳の入力を行う時間が膨大に
・確認作業や正確に仕訳を切ることが、体制的に困難に

2016年に創業したファインディ株式会社様は、主要サービスの「ハイスキルなエンジニアと企業をマッチングする転職サービス」Findyにおいて6万人のエンジニアと500社の企業が利用しています。
そんなファインディ株式会社様が「LayerX インボイス」を導入されたは2021年1月でした。

「事業の成長に伴い支払先が増加して、請求書の整理と仕訳の入力にかなりの時間がかかっていたことが課題でした。請求書の整理や請求情報が正しいかどうかの確認を1件ずつ行い、仕訳を正しく切ろうとすると、当時の体制では、量的に捌き切るのが難しくなっていました。」と ファインディ株式会社管理部の小林 孝宏さんは、「LayerX インボイス」導入前の課題を語ります。

■「LayerX インボイス」導入の決め手
・直感的に使いやすいUI
・請求書処理工数が大幅に削減可能に

「LayerX インボイス」の導入の決め手はいくつかあるという小林さん。今回は、その中で大きな後押しとなった2つを紹介いたします。

「LayerX インボイス導入の決め手の1つ目は、UIが良かった点です。トライアルで使用してみると直感的に使いやすく、動作が素晴らしく速かったです。LayerX インボイスを実務で使うメンバーが同席していましたが、業務フローに乗るイメージがすぐに湧いていました。2つ目は、請求書処理にかかる時間が大幅に削減可能であると感じられたためです。実際に、導入後には請求書の処理時間が、半分程度になったと感じております。」と、「LayerX インボイス」の使いやすさと請求書処理工数削減を実現するイメージが湧いたことが、導入の決め手になったそうです。

■「LayerX インボイス」で役立っている機能
・仕訳学習機能の精度の高さ
・請求書処理を一元管理できスムーズな確認も可能に

1月に導入後、半年ほど経過しました。「LayerX インボイス」の機能の中で、普段業務を行う上で特に役立っているものがあります。

「仕訳学習機能は、利用開始して2、3か月経ってくると入力項目なども学習されるので、すぐに使い勝手は良くなってきました。加えて、処理中のステータスの件数なども一覧化されており、処理状況の進捗や請求書の確認者もわかるようになりました。また、管理部門の責任者の立場として、確認状況欄のコメント、スタンプがしっかり押されたり請求書処理が滞りなく動いてるか確認できることは、非常に安心できます。」と、「LayerX インボイス」の機能が業務で役立っている様子をお話いただきました。

■ LayerX × ファインディ 共催セミナーについて
・開催日:9月28日(火)11:00~12:00
・詳細: https://www.layerx.jp/invoice/seminar/210928-stories-findy
・参加費:無料

「LayerX インボイス」を活用されているファインディ株式会社 小林様に登壇いただき、導入による効果や特に役立っている機能、サポート体制などについて両者の取組みの実際の事例を詳しくお話いただきます。

▼こんな方にオススメ
・LayerX インボイスの導入を検討されている方
・LayerX インボイスの活用事例について知りたい方
・請求書処理の効率化を検討されている方

■「LayerX インボイス」について


「LayerX インボイス」は、請求書受取業務の効率化を通じて経理DXを推進するサービスです。請求書の受取り後、AI-OCRで請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行します。

さらに「LayerX インボイス」の提供以来ご要望を多くいただいたワークフロー機能も2021年3月より提供を開始しました。ワークフロー機能をご利用いただくことで、経理部門だけではなく、事業部門における支払申請等にかかる作業負荷、入力ミスを解消することで、全社のデジタル化並びに生産性向上への寄与を目指しています。

お問合せはこちら:https://www.layerx.jp/invoice/contact

■株式会社LayerXについて
「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに、業務や生産をはじめとした経済活動の摩擦を解消し、この国の課題である生産性向上を実現するべく、様々な産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しています。2021年1月には、請求書の受け取りから経理の会計処理・支払処理を一気通貫で自動化する「LayerX インボイス」をリリースし、経理DXを支援しています。

[設立]2018年8月
[代表者名]代表取締役CEO 福島良典
[資本金]31億円(資本準備金含む)
[事業内容]「LayerX インボイス」「LayerX ワークフロー」の提供(SaaS事業)、アセットマネジメントを扱う合弁会社の運営(Fintech事業)、プライバシーテックのR&Dと事業化(LayerX Labs)
[コーポレートサイト]https://layerx.co.jp/

■LayerX 採用情報
LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。
LayerX インボイスの本提供開始に伴い、ソフトウェアエンジニアをはじめとしたあらゆる職種において採用活動を強化しています。ご興味をお持ちの方は以下よりエントリーをお待ちしています。
https://layerx.co.jp/jobs

■本サービスに関するお問合せ
LayerX インボイスに関するお問合せ:https://www.layerx.jp/invoice/contact

■本プレスリリースに関するお問合せ
pr@layerx.co.jp(担当:石黒・木村)

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ