このページの本文へ

どんな文章でも3行にできる要約AI ”ELYZA DIGEST”、公開5日間で13万人が利用

株式会社ELYZA
2021年09月03日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社ELYZA
東京大学松尾研発・AIスタートアップ株式会社ELYZA(イライザ、本社:東京都文京区、代表取締役 曽根岡 侑也)は、2021年8月26日に一般公開した要約AI “ELYZA DIGEST”(イライザ ダイジェスト)について、デモサイトの利用状況を公開いたします。




▮当ニュースのサマリー


日本語における高精度の要約AI「ELYZA DIGEST」が公開された。
読み込んだテキストを元にAIが一から要約文を生成するAI。
リリース後の5日間で13万人が利用し、デモサイトPV数は404,718だった。

※上記はELYZA DIGESTで生成した当記事の要約結果です。

▮要約AI “ELYZA DIGEST” とは
 “ELYZA DIGEST” は当社が2021年8月26日に一般公開※した、入力したテキストデータを3行に要約するAIです。「生成型」の要約モデルであり、読み込んだテキストを元にAIが一から要約文を生成します。ニュース記事のような誤字脱字の少ない綺麗な文章だけでなく、議事録・対話テキストのような乱雑な文章・文字列であっても対応可能です。テキストの直接入力以外にもURLを張り付けることで該当ページ内の全テキストから要約文を作成できます。
 当AIモデルは、NLP(自然言語処理)の最先端技術を活用し開発され、2021年7月1日より東証一部上場企業であるSOMPOホールディングス株式会社と開始した実証実験※でも利用されています。

下記URLより、登録不要でご利用いただけます。
https://www.digest.elyza.ai/

※ ELYZA、日本語における高精度の生成型要約モデルを開発。“ELYZA DIGEST”として一般公開へ~NLP技術を用いてホワイトカラーのDX推進を目指す~
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000047565.html


▮デモサイトの利用状況

定量的な集計結果は下記の通りです。リリース後の5日間で、13万2420名にご利用いただきました。




集計期間:2021年8月26日~2021年8月30日
デモサイト訪問者数:132,420名
デモサイトPV数:404,718
要約数: 145,309回
入力された総文字数:約1億6500万文字
出力された総文字数:約2000万文字

※ GoogleAnalyticsおよびサービスログを元に集計
※ 文字数については概算値

▮要約AIに対するユーザーの反応
要約処理後に表示される集計ボタンを元にした要約精度のユーザー判定結果は下記の通りです。

投票総数:17,611
成功:8,518
失敗:9,093


▮当社の見解(代表曽根岡より)
・利用状況について
 まず、当社の想定よりも早く、多くの皆様にご利用いただきましたことを感謝いたします。
 公開時のリリースにも記載の通り、「NLP領域で起きているパラダイムシフトをより多くの方に体験・理解してもらうことで、日本におけるNLP領域のDXを少しでも前に進めることができれば」という想いで公開したため、多くの皆様に体験いただけたことを非常に嬉しく思います。
 また、ご利用いただき素直な感想を共有いただくなかで、自然な日本語要約への期待や関心、ニーズが幅広くあることを改めて実感しました。
 日本語におけるNLP技術の進歩は目覚ましいものがありますが、知る機会や体験する機会が乏しい実情のため、当社にご相談いただく企業様も「できるはずがない」と諦め半分で相談にいらっしゃる方が大半です。今回の”ELYZA DIGEST”に触れていただければ、自然言語処理の技術がすでに社会実装可能なレベルで進歩していることを実感していただけると確信しております。

・技術的反省・改善点について
 現時点では、失敗と判定いただいた要約が半数以上という結果になりました。
 今回は、デモンストレーション用の小さなモデルを利用している関係上、自然な要約ができなかったケースがありました。一方、弊社が企業向けに提供している大きなサイズのモデルであれば、より質のよい要約を出力できるケースも散見されます。
 今後、モデルを改善していくこと、特定の業務に特化させていくことで、実用レベルに至ることができると考えております。

 また、学習データに関しても今後さらに増強していくことで、要約AIの精度向上に努め、日本語における自然言語処理の発展や社会実装の加速に貢献してまいります。


▮株式会社ELYZAとは
 当社は、AI領域に強みを持つ東京大学・松尾研究室出身のメンバーで創立された会社です。私たちは「未踏の領域であたりまえを創る」をミッションに掲げ、技術領域では自然言語処理・マルチモーダルに、市場領域ではリテールテック、リーガルテックに焦点を当てて研究開発に取り組んでいます。

 当社の強みはその技術力です。東京大学松尾研究室出身の代表をはじめとし、経済産業省主催「未踏事業」出身エンジニア、東京大学在籍のAIエンジニア、メガベンチャーのテックリード等、最新のテクノロジーを扱える技術力の高いメンバーが結集しています。
 NLP(自然言語処理技術)のブレイクスルーにより将来実現し得る未来のユースケース「NLP30」を策定し、様々な領域で、先端技術を用いて次の「あたりまえ」を創るための活動をしています。

<株式会社ELYZAに関するニュース>

ELYZA、日本語における高精度の生成型要約モデルを開発。“ELYZA DIGEST”として一 般公開へ~NLP技術を用いてホワイトカラーのDX推進を目指す~
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000047565.html

SOMPOホールディングスとAIスタートアップのELYZA、コールセンター領域におけるDXパートナーとして提携。損保ジャパンのカスタマーセンターで実証実験を実施
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000047565.html

東京大学大学院教授 松尾豊氏、株式会社ELYZAの技術顧問に就任
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000047565.html

株式会社ELYZA、人間を超える国内最大の日本語AIエンジン「ELYZA Brain」を開発
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000047565.html

EY、イノベーションを推進するスタートアップ企業15社を表彰。EYInnovativeStartup2021
https://www.ey.com/ja_jp/news/2021/03/ey-japan-news-release-2021-03-17

アシックス・アクセラレーター・プログラムで最優秀賞を受賞し、アシックスと実証実験を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000047565.html

<会社概要>
社名  :株式会社ELYZA
所在地 :〒113-0033 東京都文京区本郷2-27-2 エポック本郷8F
代表者 :代表取締役 曽根岡侑也
設立  :2018年9月
URL :https://elyza.ai/

報道関係者からの本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社ELYZA 広報問い合わせ窓口
Mail:pr@elyza.ai

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ