• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「陣地」がない高速ドッジボール

ありそうで無かった!対戦ドッジボールACT『ノックアウトシティ』4つの魅力

2021年06月23日 13時00分更新

文● Zenon/ASCII

総評まとめ

 ドッジボールという「誰もが知っている遊び」が題材のため、新しいにもかかわらず親しみやすさは抜群だと感じた。

 シンプルなルールと、テクニカルで見栄えのする各種アクション、そして報酬でもらえるスキンやエモートによる個性の充実。現時点で大ヒットしそうな要素はそろっていると言っても過言ではないだろう。

決まると超気持ちいい「ロブショット」

 クロスプレイが可能なマルチプラットフォームを実現しているため、異なるハードの友人とも遊びやすいのも◎。

 この先あるであろう、イベントやマップの追加によってゲーム性がさらに増していけば、ゲーム実況としてもeスポーツ競技としても、非常に盛り上がる息の長いタイトルになるのではないかと思う。

エモートもカッコイイ

 なお、冒頭でも触れたとおり、本作はストリートランク25まで無料でプレイ可能な試用版が配信中。配信開始当初に行なわれていた「ブロックパーティー」の無料期間と同じく、装飾品のアンロックや「契約」を達成することができる。

 発売から500万人がプレイし、約5億ものプレイヤーがKOされつつ友情を育んできたという『ノックアウトシティ』。まだ遊んだことのない人は、ぜひ試用版から遊んでみてはいかがだろうか。

 

【ゲーム情報】

タイトル:Knockout City(ノックアウトシティ)
ジャンル:ドッジボールアクション
配信:Electronic Arts(エレクトロニック・アーツ)
プラットフォーム:PlayStation 4/Xbox One/Nintendo Switch/PC(Origin/Steam/Epic Store)※PlayStation 5/Xbox Series X|Sは後方互換に対応
配信日:配信中(2021年5月21日)
価格:
 試用版 基本プレイ無料(レベルキャップあり)
 ブロックパーティー エディション 2000円
 デラックス ブロックパーティー エディション 3100円
プレイ人数:1~8人(オンライン専用)
CERO:B(12歳以上対象)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう