• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022October

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

「軌跡」シリーズ大好きライターから見た『那由多の軌跡』とは

本当に「外伝」なのか……?PS4版『那由多の軌跡:改』初プレイのレビューをお届け!

2021年07月14日 14時20分更新

文● Zenon/ASCII

 日本ファルコムより2021年6月24日に発売されたストーリーアクションRPG『那由多の軌跡:改』(PlayStation 4)のプレイレビューをお届けする。価格はパッケージ版が4378円、ダウンロード版が3960円となる。

 本作は、2012年に発売されたPlayStation Portable(PSP)版のリマスター作品。キャラクターやイベントシーンのグラフィック要素が強化されたほか、フレームレートが60fpsに対応し、BGM、各種SEも高音質化されているのが特徴だ。

イベントにキャラクターイラストが挿入されるのは『改』のポイントの1つ。
女の子たちはみんなかわいいうえ、表情差分も用意されているので
感情移入がとてもしやすくてGOOD

 筆者は同社の人気ストーリーRPG「軌跡」シリーズのファンで、『空』『零/碧』『閃』『創』と(順はバラバラだが)プレイし、同シリーズが紡いできた大河ドラマのように壮大な物語を追っている1人。本作もいつかやってみたいと思いつつ、PSPというハードの壁にはばまれてプレイすることができていなかった。

 それが今回、PS4版が発売されたことでじつに9年越しのプレイが実現。感無量である。筆者と同じような人も多いと思うので、今回は本作がどういうゲームなのか、周りから聞こえてくる「外伝的作品」というワードはなんのことなのか、ネタバレに配慮しつつ紹介していきたいと思う。

■PS4「那由多の軌跡:改」デモムービー

しっくりと手になじむアクションパート

 まず、『那由多の軌跡:改』はストーリーアクションRPGというジャンルであり、ほかの「軌跡」シリーズのコマンドバトルとは違って、アクションで戦っていく。

武器は片手剣と両手剣の2種類。
ジャンプ、ローリング、ガードなどを駆使して敵の攻撃を避けながら剣で攻撃していく

 また、攻撃を連続で敵やオブジェクトに当てると「チェイン」が蓄積し、一定数までチェインをつなげると攻撃力がアップするといった「ボーナス効果」が得られるシステムも存在する。

左下に出ているのがチェインの数字。
なお、時間が経過したり敵の攻撃を受けるとチェインが途切れてしまうので、
いかに回避やガードで上手にチェインをつなげていくかもアツい!

 ゲームは1ステージずつ攻略して進んでいく仕組みで、1大陸あたり3~4つほどのステージで構成されている。特徴的なのが、「四季」によってステージの構造がガラリと変化する点だ。

夏のステージでは水のなかを泳ぎながら進むことになる。
水から飛び出してくる魚の魔獣なども存在する

同じステージを冬にすると水が凍って滑る床に。
ツララなどを利用して先に進むほか、滑って落ちる落とし穴トラップも出現

 さらに、主人公・ナユタと一緒に冒険するノイは「四季魔法(アーツ)」を使用することができる。これがまた種類が豊富で、剣が届かない敵を攻撃したり、大勢に囲まれた際にはとても重宝する。

アーツは全24種類。前方へ弾を飛ばすものから、敵を追尾する氷柱を飛ばしたり、
画面に映っている敵を対象にした全範囲攻撃など、多種多様だ

 各大陸の最奥にはボスが控えており、それぞれ特殊なスタイルで戦闘することになるのもおもしろい。敵の攻撃を見極め、弱点を見つけて攻めるバトルは、非常に手ごたえのあるものだと感じた。

左右に移動しながら魚型ボスの攻撃をかわし、接近した際に反撃を当てて戦う

カニ型のボスは弱点の核が隠れているので、立体的に動いて攻める必要があった

 また、ゲームを進行することで「ギアクラフト」という技が使えるようになる。「クラフト」といえばシリーズファンにはお馴染みの呼称だが、本作の「ギアクラフト」はクラフトゲージ(時間経過で回復)を消費することで、さまざまな技を使うシステムだ。

通常の攻撃では壊せない壁を破壊する「ギアバスター」。
これを習得すると、これまで見えていても進めなかった道が開けて、
宝箱をゲットできたりする。ちなみにクラフトゲージは、画面左上の青いバーだ

バリアを展開する「ギアシールド」。
踏むとダメージを受ける溶岩や毒ガスなどを無効化したり、
水の上を歩くことが可能になる

 このように、ゲームを進めるほどにできることが増えていくのは、同社のもう1つの人気シリーズ『イース』にも通じるところがあると感じた。とてもしっくり手になじむ。

 また、難易度を「BIGINNER(ビギナー)」に設定すれば、難しいところはアクションが苦手な人向けに「補助の床」が用意されるので、誰でも楽しく遊ぶことが可能だ。

補助の床の有無。ノーマルだと動く床から直接動く床へ飛び移らねばならないが、
ビギナーなら止まった補助床でひと息つくことができる

ビギナーだと食虫植物みたいな足場が開きっぱなしでただの足場になっているが、
ノーマル以上だと閉じてダメージを受けたうえに落下までしてしまう。
そのため、攻略のしやすさもガラリと変わってくる

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう