このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第107回

シャープ「Dynabook」高校生向けに──Chromebook、学校で人気

2021年04月05日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●シャープ「Dynabook」で教育市場へ

 Chromebook市場が盛り上がりを見せるなか、新たに参入してきたのがシャープだ。グループ内にかつて東芝だったDynabookを持つが、今回、DynabookブランドでChromebookを投入した。

 「Dynabook Chromebook C1」はLTE通信を内蔵するのが特徴だ。ハードウェア設計やODMへのコントロールはDynabook社が担当。シャープは通信周りやキャリア対応、グーグルとの連携、クアルコムとの調整を担当した。

 シャープとしてはまさに「AQUOS」スマホの知見を生かした格好だ。

 特に注目したいのがチップセットだ。クアルコム「Snapdragon 7c compute Platfom」を採用しており、LTE通信は安定。Celeron N 4020と比較して、演算処理能力で2倍、グラフィック処理能力で約3倍、ウェブ動作では25%アップ。電池持ちも約3倍の長さを確保している。

 シャープは特に、キャリアにスマートフォンを納入していることもあり、アンテナ性能において他メーカーのChromebookとは違いがあるという。実際、国内の700MHzでの性能が優れている。Dynabook Chromebook C1はソフトバンクが法人向けとして取り扱っているだけでなく、NTTドコモも相互接続試験を実施し、教育市場に展開していく予定だ。

 公立小中学校向けに納入するとなると、通信手段はWi-Fiが中心となり、LTEモデルが採用されることは少なそうだ。ただ、学校内で児童や生徒が集中して使うとなると、Wi-Fiでは干渉して速度が落ちる事も考えられる。校庭や課外授業、さらに自宅でもオンラインにつないで学習しようと思うと、やはりLTEに接続できた方が便利だ。シャープとしては、他社との差別化のためにもLTEモデル、将来的には5Gモデルに注力する構えだ。

 また、キャリアとしてもGIGAスクール市場に入っていくため、LTEにつながるChromebook向けにGIGAスクール専用の料金プランを展開できるとよさそうだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン