このページの本文へ

A.L.I. Technologies、CO2排出量を算出・可視化するプラットフォーム「zeroboard」発表

2021年03月04日 08時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 A.L.I. Technologiesは3月3日、第11回国際スマートグリッド EXPOにて、SaaS型脱炭素化プラットフォーム 「zeroboard(ゼロボード)」を発表した。

 zeroboardは、コンサルティングパッケージに頼ることなく、企業が必要事項を入力または設定するだけでCO2排出量を算出・可視化可能なプラットフォーム。また、どうしても排出される温室効果ガスをほかの行動で埋め合わせる考え方「カーボン・オフセット」を、必要に応じて行なうことができる。

「zeroboard」ダッシュボードイメージ

 2021年7月からベータ版のサービスが開始予定。エントリーモデルは月額数千円~提供予定、別途エンタープライズ向けも準備中とのこと。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ