このページの本文へ

太陽光発電・蓄電池データの取得と制御が可能に

電力モニタリング「Nature Remo E」、法人向けAPIの有償提供を開始

2021年01月05日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Nature Remo E

 Natureは1月5日、同社の次世代型HEMS「Nature Remo E」において、接続した太陽光発電システム・蓄電池のデータ取得と制御を可能にする法人向けAPIの有償提供を開始した。

 Nature Remo Eは、コンセントに挿すだけで電力の消費状況などをスマホで確認できる機器。本APIは、Nature Remo Eを介して、ECHONET Lite規格で通信が可能な太陽光発電システム・蓄電池のデータ取得と制御が可能になる。これにより、以前から提供していたスマートメーターのデータに加え、外部システムから各機器のデータ取得・制御が可能になる。

 法人向けAPIによって、各家庭や地域に点在しているエネルギーリソースを、企業などがインターネット経由で統合的に制御でき、電力需給を管理するVirtual Power Plantへの活用も期待できるという。また、2022年に予定されているFIT制度からFIP制度への移行において重要になる、太陽光発電量の正確な把握と予測にも役立てられるとする。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ