このページの本文へ

OKI、中国におけるATM販売・生産を終了

2020年12月22日 10時01分更新

文● OKI

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

OKI
「中期経営計画2022」に掲げた生産機能の再構築により「モノづくり基盤の強化」を推進


沖電気実業(深圳)有限公司
OKIは、中国におけるATMの販売および生産を終了します。ATMとプリンターの生産拠点である沖電気実業(深圳)有限公司(董事長:山崎 康伯、本社:中国広東省深圳市、以下 OSZ)におけるATMなど金融機器の生産を2020年12月に終了し、日本およびベトナムの工場に移管します。「中期経営計画2022」に掲げた事業ポートフォリオの再構築およびモノづくり基盤強化の一環として、キャッシュレス化の進む中国におけるATM販売・生産を終了し、全社の生産機能を再構築します。

OKIは2001年にOSZを設立して中国ATM事業を開始し、中国市場に最適化したATMを販売・生産してきました。しかしながら近年の市場縮小に鑑み、今後のグローバルなキャッシュレス化の進展も踏まえて、コンポーネント事業のターゲットをパートナーへのモジュール提供にシフトします。これに伴い、サプライチェーンの最適化を目指した生産機能の再構築を行い、OSZで実施してきた日本市場向け機器の生産はOKI富岡工場(群馬県富岡市)に、グローバル市場向け機器の生産は昨年設立したOKI VIET NAM COMPANY LIMITED(社長:高野 克己、本社:ベトナム ハイフォン市、以下OKIベトナム)に移管します。なお、中国における既設機器の保守事業は、長年にわたる保守パートナーとしての実績と技術力のある現地企業に順次移管し、OKIからの保守部品供給と技術支援を、責任をもって行っていきます。

OKIは、さまざまなお客様のニーズやご要望に迅速にお応えすべく、グループ全体で生産機能の見直しを進めており、2019年9月には日本、中国、タイと並ぶ生産拠点としてOKIベトナムを設立しました。「中期経営計画2022」の施策の一つ「モノづくり基盤の強化」を具体化し、製品の特長に合わせて最適な工場で生産を行うことで、製品の競争力や付加価値向上をはかるべく、OKIグループ全体でグローバルでの生産機能再編・最適化を進めてまいります。


沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
e-mail:press@oki.com
お問い合わせフォーム
https://www.oki.com/cgi-bin/inquiryForm.cgi?p=015j

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
自動機事業部事業管理部
電話:027-325-1111(代表)

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ