このページの本文へ

モンスター・ラボとクボタ、ARを活用した建設機械の故障診断アプリ『Kubota Diagnostics』をリリース

2020年12月21日 11時00分更新

文● 株式会社モンスター・ラボ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社モンスター・ラボ
~故障時のダウンタイムを低減し、さらなるサービス向上へ~

デジタル領域でビジネス課題のソリューションを提供するデジタルコンサルティング事業とその知見を活かしたプロダクト事業(RPAツール、店舗向けオーダーシステム等)を行う株式会社モンスター・ラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鮄川 宏樹<いながわ ひろき>)と世界各地のニーズに応えた建機や農機を含む製品群でトータルソリューションを提供する株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:北尾 裕一、以下「クボタ」)は、故障時のダウンタイム低減のため、ARと3Dを活用し故障診断を効率化するアプリ『kubota diagnostics(クボタ ダイアグノスティックス)』を企画開発いたしました。ダウンタイムの50%を故障診断が占める米国KTC(Kubota Tractor Corporation、以下「KTC」)を最初の導入先としてリリースし、効果検証を経て来年以降、日本を含む世界各地の市場に順次展開していく予定としています。また、本アプリの使用を通じてディーラーの持つ故障情報を効率的に収集することで、故障予防を含むサービス向上も見込んでおります。





本アプリ開発の背景

建設機械の稼働率低下はユーザーの収益低下に直結するため、故障による機械のダウンタイムを極力短縮させることは、メーカーやディーラーの重要課題ですが、クボタでは、建機を取り扱うディーラーで、故障時に診断を行うサービスエンジニアの経験やスキルによってはマニュアルのみでは不十分で本社への問い合わせが必要な場合もあり、ダウンタイムが長期化してしまう問題がありました。そこで、機械が発するエラーコードや発生症状から故障箇所を特定する診断フローの提供や、3DモデルとARを組み合わせたガイダンスによる、迅速で効率的な故障診断をサポートするサービスエンジニア向けのスマートフォン用アプリケーション「Kubota Diagnostics」を企画、モンスター・ラボは設計・デザイン・開発をいたしました。なお、デザインはモンスター・ラボのグループ会社であるデザインコンサルティングファームA.C.O.(※1)が担当し、グローバル人材をメンバーに据えたデザインチームにより、米国で受け入れやすいデザインを実現いたしました。診断フローの整備と可視化により、ディーラーにとっては業務の効率化のみならず、サービスエンジニアの経験や知識に左右されない故障対応が可能となり、サービス人材の教育や人員の確保の面でも貢献が期待されます。


故障診断のガイダンスは3D表示とAR表示が選択可能


本アプリの機能と特長

・故障診断フロー
機械が発するエラーコードや不具合症状をアプリに入力することで、自動的に点検箇所や修理方法が示され、診断を効率化・迅速化。サービスエンジニアの経験や知識に関わらず一定レベルで故障診断を行うことができる。
1.シンプルなフローによる原因推測が可能
2.スマートフォンを建機にかざすと、3DモデルとARを通して、該当の故障箇所がハイライトされ、対象部品の特定が容易に

・最新情報の提供
製品情報や故障情報をリアルタイムにエンジニアに共有することで、作業効率化や、未熟練エンジニアの教育に役立てることができる。

・UIデザインの工夫
読みやすい大きなテキストと強いコントラストを用いたUIで、片手でもタップしやすい大きめのボタン、素早く内容を理解できるピクトグラムの使用など、現場での使用に最適化

・現場での担当引継をスムーズにする診断レポート
・ログとフィードバックを蓄積

現場の故障情報を収集し、最適な診断フローの整備・故障予知につなげることができる


本アプリについて

名称:Kubota Diagnostics(クボタ ダイアグノスティクス)
対象機種:コンパクトトラックローダ
サービス開始:12月16日(仮。14日~18日あたりで調整)
対象地域:米国(日本を含む世界の主要市場に順次展開を予定)


今後の展望

ダウンタイムの50%を故障診断が占める米国のニーズが高いことから、まずは米国にて運用、効果検証を行いますが、汎用性の高いCMSを独自で開発しており、来年以降に日本を含む世界各地の市場に順次展開していく予定です。米国市場での検証を元にデータの収集と分析を元に、モンスター・ラボでは、精度向上や機能拡充の面で伴走し、世界各地でのローカライズの支援を行って参ります。

※1  A.C.O.
株式会社A.C.O.は、2000年の創業以来デジタルデザインに特化した事業展開をしており、2018年4月よりモンスター・ラボグループに参画、UI/UXデザイン領域を専門に案件に携わっています。


■株式会社クボタ 会社概要
所在地:大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号
設 立:1890年
資本金:841億円
代表者:代表取締役社長 北尾 裕一
U R L :https://www.kubota.co.jp

■株式会社モンスター・ラボ グループ会社概要
グループ約1,200名、世界16ヵ国27都市のリソースを活用し、デジタルコンサルティング事業・プロダクト事業(RPAツール、店舗向けオーダーシステム等)を展開しています。


所在地:東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー4F
設 立:2006年2月
資本金:89億8,319万円(資本準備金含む・2020年11月末時点)
代表者: 代表取締役社長 鮄川 宏樹(いながわ ひろき)
URL : https://monstar-lab.com/

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ