このページの本文へ

統合データセキュリティプラットフォーム“CipherTrust Data Security Platform”を発売

キヤノンMJ
2020年11月24日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノンMJ
キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、タレスDIS CPLジャパン株式会社(以下、タレス社)が提供する統合データセキュリティプラットフォーム“CipherTrust Data Security Platform”を2021年1月5日より発売します。




キヤノンMJはITセキュリティベンダーとして、お客さまに最適なセキュリティソリューションを提供しており、従来から情報漏洩対策としてタレス社製暗号化ソリューション「Vometric Data Security Platform」を販売してきました。この程タレス社は「Vormetric Data Security」と「SafeNet KeySecure」を統合し両テクノロジーの長所を融合させ、コスト削減と高水準のコンプライアンス遵守を実現する新たなセキュリティプラットフォーム“CipherTrust Data Security Platform”の提供を開始しました。それに合わせキヤノンMJは、2021年1月5日より本プラットフォームの販売を開始します。

“CipherTrust Data Security Platform”は、データセキュリティ上重要な役割を担う製品群を統合したプラットフォームです。本プラットフォームにより、グローバルおよび各地域レベルで異なるプライバシー規制強化に対応できるだけでなく、リモートワークによって急速に増加するクラウドへのセキュリティ対策も可能にします。機密データへのアクセスを保護、制御する機能と、オンプレミスや複数のクラウド環境で暗号化されたデータの暗号鍵およびデータアクセスポリシーを一元管理することで、より強固なセキュリティを可能にします。

本プラットフォームでは、機密データを検出、分類、保護するサービス“CipherTrust Data Discovery and Classification”を新たに提供し、より効率的なデータ運用を実現します。

キヤノンMJは本プラットフォームを中核として、テレワークやマルチクラウド環境におけるデータ保護対策をお客さまへ提供し、企業内重要データの利活用におけるセキュリティ対策を支援していきます。





<“CipherTrust Data Security Platform”の主な特長>

CipherTrust Data Security Platform概要図 ※番号は下記製品に対応
■ 鍵管理製品
1. 鍵管理サーバー(CipherTrust Manager)

全てのCipherTrust Data Security Platform製品のために、鍵管理とデータアクセスポリシーを一元化します。FIPS 140-2 Level 3準拠の物理アプライアンスサーバーと、FIPS 140-2 Level 1準拠(予定)の仮想アプライアンスサーバーを提供します。

2. クラウド暗号化サービスの鍵管理(CipherTrust Cloud Key Manager)

AWS(Amazon Web Service)、Azure(Microsoft Azure)、Salesforce、Google Cloud Platform(GCP)など、複数のパブリッククラウド暗号化サービスに対応し、BYOKのライフサイクル管理を提供します。

3. 他社暗号化製品の鍵管理(CipherTrust KMIP Server)
KMIP(Key Management Interoperability Protocol)プロトコルに対応したストレージなどの暗号化に使用する鍵を一元化します。

4. 他社データベース暗号化製品の鍵管理(CipherTrust TDE Key Manager)
Oracle TDEやMicrosoft SQL Server TDEなどTDE機能を備えたデータベース暗号鍵を一元化します。

■ 暗号化製品
5. 透過暗号(CipherTrust Transparent Encryption)

包括的なデータアクセス制御と詳細なデータアクセス監査ログを備え、オンプレミス、クラウド、データベース、ファイル、ビッグデータ環境のあらゆる場所でデータを暗号化します。

6. アプリケーション暗号(CipherTrust Application Data Protection)
アプリケーション開発者が速やかに暗号化などの暗号機能をアプリケーションに追加するためのAPIを提供します。

7. トークナイゼーション(CipherTrust Tokenization)
ポリシーベースのDynamic Data MaskingによるVaultlessのトークン化という利便性の高いソリューションによって、アプリケーションレベルのデータトークン化(無価値化)サービスを提供します。

■ 検知製品
8. 重要情報の検知と分類(CipherTrust Data Discovery and Classification)

オンプレミスやプライベートクラウド、パブリッククラウドに保存・保管されたデータの中から、テンプレート(データプライバシーやセキュリティ規制に対応)を基に機密データを検出、分類、保護します。

<タレスDIS CPLジャパン株式会社様からのエンドースメント>
CipherTrust Data Security Platformは、複雑化するIT環境でデータセントリックセキュリティを実現するための統合セキュリティプラットフォームです。キヤノンマーケティングジャパン株式会社様との協業により、このソリューションを国内の多くのお客様に展開いただくことで、多くの組織が今求められているゼロトラストセキュリティ環境を効率的に構築し、コンプライアンス準拠を推進できるものと確信しております。今後もキヤノンマーケティングジャパン株式会社様との連携をさらに強化し、セキュリティの基本となる暗号化によるセキュリティを国内で更に広げて行きたいと考えております。

タレスDIS CPLジャパン株式会社
クラウドプロテクション&ライセンシング データプロテクション事業本部
本部長 中村 久春

■タレス社概要
タレス(Euronext Paris:HO)は、より良い未来を実現するソリューションを提供するテクノロジーのグローバルリーダーです。航空、宇宙、陸上交通、デジタルアイデンティティおよびセキュリティ、防衛の分野で製品・サービスを提供しています。68カ国に8万3000人の従業員を擁するタレスの2019年度売上高は、190億ユーロを記録しています(ジェムアルトの12カ月間予測財務諸表を含む)。
タレスは、コネクティビティ、ビックデータ、人工知能、サイバーセキュリティといったデジタルイノベーションに特に注力し研究をすることで、企業や政府などあらゆる組織の意思決定を支援しています。

<「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用~ニューノーマルに備えるデータ戦略~」に出展>
キヤノンMJは「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用~ニューノーマルに備えるデータ戦略~」に出展し、2020年12月4日に講演を配信いたします。
各業界においてデータは重要な情報資産ですが、そのデータを収集・分析するシステム領域は多様化し、大量のデータがクラウドサービス上に保存され、管理者はそのデータ保護対策に頭を悩ませています。本セッションでは、様々な環境で利用可能なデータ暗号化と鍵管理のソリューションをご紹介します。

詳細は、下記ホームページをご覧ください。
○ホームページ:https://news.mynavi.jp/lp/2020/business/enterprise/dataforum_winter/#wrap


※ 文中に記載されている会社名、商品・サービス名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ