このページの本文へ

ALSI、Sumo LogicでMicrosoft Defenderウイルス対策の利用状況を可視化するオリジナルダッシュボードを提供開始

2020年07月09日 11時00分更新

文● アルプス システム インテグレーション株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アルプス システム インテグレーション株式会社
アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、同社が販売するクラウドSIEMソリューション「Sumo Logic」で利用できる、Microsoft Defenderウイルス対策(以下Microsoft Defender)向けオリジナルダッシュボードの提供開始を発表します。


■事業概要




■提供の背景
 いかなる状況下においても、企業が成長を続けるためにはITを最大限に活かす必要があります。そのためにIT部門では常に業務の効率化とコストの最適化を図っています。そのなかで注目されているのがウイルス対策へのMicrosoft Defenderの活用です。Microsoft DefenderはWindows OSの標準機能として搭載されており、アクティベーション作業やソフトウェアのインストールも必要ないことから、法人でも活用されています。
 しかしながらMicrosoft Defenderの活用を進めるなかで課題としてあげられているのが、柔軟なレポート機能やリスクの発生をいち早く把握できるような管理機能です。
 こうした課題を解決するべくALSIでは、あらゆるログを取り込み一元的に可視化できるクラウドSIEMソリューション「Sumo Logic」で、Microsoft Defender向けのオリジナルのダッシュボードを提供いたします。

■「Sumo Logic」によるMicrosoft Defender可視化の特徴
 「Sumo Logic」では、セキュリティソフトをはじめ、ネットワーク機器やストレージなどのクラウドサービス、オンライン会議システムなど、オンプレミスかクラウドかに関わらず、データを集約し一元化することができます。ログ取り込みの対象となるシステムやソフトウェアなどと連携させるためのテンプレートを用意することで、ダッシュボードであらゆるログを可視化し、自動分析することが可能です。
 今回ALSIが提供開始するオリジナルダッシュボードでは、Microsoft Defenderのパターンファイルのアップデート状況やウイルスの検知状況などを一目で把握でき、リスク発生を知らせるアラート通知も可能となります。さらに、ご利用企業の運用ポリシーにあわせた、独自のダッシュボードを簡単に作成するなど、柔軟な運用を支援します。
 このオリジナルダッシュボードは、ALSIで「Sumo Logic」をご契約いただいているお客様に、無償でご提供します。そのため、Microsoft Defenderと「Sumo Logic」をご利用になる場合には、追加費用なしでウイルス対策の利用状況を可視化できます。

▲「Sumo Logic」ダッシュボード:ウイルス検知状況や利用状況を一元化
■「Sumo Logic」について
「Sumo Logic」はSumo Logicジャパン株式会社が提供する、あらゆるログを取り込み一元化、リアルタイムな相関分析を行うクラウドSIEM(Security Information and Event Management)ソリューションです。企業の重要な情報資産であるログを、情報システム部門の負担を軽減しながら活用し、サイバー攻撃や内部不正への対策、ワークスタイルの変革などへの適用を実現します。

※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ