このページの本文へ

「Akerun入退室管理システム」の新機能、6月5日から問い合わせ受付開始

ドアノブに触れずに扉の自動開閉が可能なタッチレスエントリー・ソリューション

2020年06月05日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フォトシンスは6月5日、「Akerun入退室管理システム」の新機能として、後付け型のタッチレスエントリー・ソリューションとなるドア自動開閉装置との連携機能を提供すると発表した。

 Akerun入退室管理システムは、既存のドアに後付けで導入できる法人向けクラウド型入退室管理システム。サムターン錠に対応した「Akerun Pro」と、電気錠/電磁錠や自動ドアに対応した「Akerunコントローラー」で構成され、これらをオフィスのドアに後付けで導入することで、スマホアプリやICカードを使ったドアの施錠・解錠をはじめ、ウェブ管理画面「Akerun Manager」や専用スマホアプリからユーザーの入退室履歴の確認、ユーザーへの鍵権限の付与・剥奪などが可能になる。

 今回の新機能は、オフィス環境における従業員のマスクの着用、手洗い・うがいの徹底、ソーシャルディスタンスの確保、設備・機器の消毒など、新型コロナウイルス感染症予防のための取り組みを支援するために、電気錠/電磁錠に後付けできるAkerunコントローラーのオプションとして開発したとのこと。

 既設の電気錠/電磁錠を備えるドアに、後付けでAkerunコントローラーとドア自動開閉装置を導入・連携させることで、ユーザーはドアのレバーハンドルやドアノブに触れることなく、ICカードや交通系ICカードアプリをNFCリーダーにかざしたり、スマホ専用アプリで通信したりするだけでドアの解錠と開閉が可能になる。

 これにより、シームレスなドアの解錠・開閉が可能になるほか、非接触でドアを解錠・開閉できるためオフィスでの新型コロナウイルス感染症対策に活用できるとのこと。また、既設のドアに後付けで設置できるため、新規で自動ドアを導入する場合と比較して低コストで導入できるとしている。

 タッチレスエントリー・ソリューションは、Akerunコントローラーのオプション機能として提供し、6月5日から問い合わせの受付を開始している。対応する電気錠/電磁錠やドアの種類、料金はオフィスのドア環境や電気錠/電磁錠の種類によって異なる場合があるため、詳細は個別に問い合わせてほしい。問い合わせはこちらから。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ