このページの本文へ

新車を買った情報2020 第52回

マツダ ロードスターRFを3000円で泡まみれにする「モビルフォーム」

2020年05月31日 11時00分更新

文● 四本淑三 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■モビルフォーマーのマルとバツ

 まずフォームガンの「モビルフォーマー」ですが、ヘッドを外すといきなり良さげであります。注目は洗剤を吸引する管。先に重りが付いたシリコン製で、傾けても逆さまにしても下を向いているので、液面から浮きにくい。おかげで途切れることなく洗剤を吸い上げられるというものです。

 これが液面から抜けると、同時に与圧も抜けて、ポンピングした苦労も水の泡。いえ、泡さえ出てきませんから、激しい徒労感を味わうことになるものです。噴霧器ならたまに見かけますが、フォームガンでこの仕様は貴重のように思えます。

 フォームガンの命であるところのノズルは、泡を細長く扇状に噴射する形状で、回転させることで噴射角を自由に変えられます。私の好みを言えば縦噴射。横に長いクルマの側面に沿わせて動かすと、噴射の息の長さが楽しめるからです。

 このノズルは交換式で、付属の黄色いノズルに交換すると、ストレートのスプレイヤーとしても使えるのも面白いところ。

 なかなか抜かりのない仕様ですが、おやっと思うのは、内圧を解放するリリーフバルブがない。作業が終わったら、キャップを緩めて圧力を逃がさなければなりません。そしてポンピング用のシリンダーが一般の噴霧器より細い。おかげでポンピングは軽いものの、ピストン運動の回数は増えるため、十分な圧力に達するまで時間がかかる。エンジンで言えば高圧縮の高回転型ですから、人間の仕事量も増えるわけでして、後述しますが、まあ予想通りの結果になってしまうのであります。

 果たしてどんな泡が出てくるのか。洗剤を詰めましょう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ